シロッコ手習鑑

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロッコ手習鑑

高卒シニアなのに臨床心理士になりたいと思い立って放送大学生になりました。

ネアンデルタール人は死者に花を飾ったのか・NHKスペシャル「脳と心 心が生まれた惑星~進化~」

目次

NHKスペシャル 驚異の小宇宙 人体II 脳と心 第1集 心が生まれた惑星~進化~ [DVD]

NHKスペシャル 驚異の小宇宙 人体II 脳と心 第1集 心が生まれた惑星~進化~ [DVD]

 

人間の心はいつどのようにして生まれたのか

人間の心はいつどのようにして生まれたのか。それをテーマにして作られた番組が「脳と心 第1集 心が生まれた惑星~進化~」です。

『驚異の小宇宙 人体』は1989年から1999年までNHKスペシャルとして放送されたもので、以下の3つのシリーズがあります。

全巻見たいところですが、私が履修している「心理と教育コース」に関係する「脳と心」を視聴しました。  

NHKスペシャル 驚異の小宇宙 人体II 脳と心 DVD-BOX

NHKスペシャル 驚異の小宇宙 人体II 脳と心 DVD-BOX

 

 それぞれ感動的な内容ですが、「1.心が生まれた惑星〜進化〜」は、ネアンデルタール人が働けない仲間を養っていたこと、死者を埋葬して花を飾っていたことが語られています。

凄いと思いません? ネアンデルタール人は滅びていますから、直接の先祖ではありませんが、そんな時代にも心があったことを知って、嬉しくなってしまいました。

「古い脳」と「新しい脳」

番組は解剖学者・ 養老孟司さんが樹木希林さんを脳の内部を案内する様子が描かれます。神経から脳が生まれ、脳細胞の構造が紹介されて脳細胞から伸びた軸索の接点・シナプスを信号が伝わる様子が紹介されます。

古い脳

魚類や爬虫類までは、脳幹、小脳、大脳辺緑系がほとんどです。生命の維持と本能的な行動しかしません。

「大脳辺縁系」から「情動」が生まれます。「怖い」ものがあれば逃げなければなりません。逆に攻撃もします。食欲、性欲、攻撃性は古い脳から生まれます。

新しい脳

爬虫類までは古い脳だけでしたが、そこに新しい脳が加わります。小脳と大脳が大きくなって、大脳新皮質が発達します。

そして、食欲、性欲、攻撃性に対して抑制する仕組みを持つようになります。

チンパンジーは石で油ヤシの種を割ったり、道具を使うことができます。人類は石器などの道具を作ることが出来ます。

古い脳と新しい脳

古い脳と新しい脳は時には協調し、時には対立します。古い脳が興奮して、食欲、性欲、攻撃性が生まれても、新しい脳が抑制する。古い脳の興奮を逆に解き放って行動することもあります。これが人間の「知性」と「感情」のバランスですね。このへんの話は川辺一外さんの「 ドラマとは何か?―ストーリー工学入門」でチラッと読んだことがありますが、このDVDでかなり理解が深まりました。

心が芽生えるとき

30歳のメスのチンパンジーが死んでしまった子どもを背負い続けた話が紹介されていました。(京都大学・松沢哲郎教授)

母親チンパンジーは、生きているときと同じように死んだ子どもの毛づくろいをしてやります。

子どもが死ぬと母親の身体は発情が始まり、次の子どもを産む身体になっています。それでも、子どもの毛づくろいをするのはチンパンジーが本能だけで生きているのではない、このチンパンジーには心が芽生えているのだ、といいます。

もうひとつの例はネアンデルタール人の話です。

テキサス農業工科大学のラルフ・ソレッキ教授はイラクのシャニダール洞窟で発見したネアンデルタール人の人骨を調査しました。

f:id:sirocco:20050522112139j:plain

(Wikipedia「シャニダール洞窟」より) 

シャニダール洞窟からは10体のネアンデルタール人の人骨が発掘されましたが次の二体について詳しく紹介していました。

  • シャニダール1号
    片目が失明し、片手を失っていた。長い生涯に受けた傷が治癒している。それは何を意味するのか。彼は狩が出来なかったと思われるが、仲間に養われながら火の番をしていたのではないか、ネアンデルタール人たちは病人や高齢者の世話をしていたのではないかと言います。
    福祉、博愛の精神が6万年前にあったのです。
  • シャニダール4号
    人骨の周りから大量の花粉が発見されています。花粉は8種類。
    洞窟なのになぜ花粉があるのか。それは死者に花を手向けたからと言います。死を悲しみ、自分もそうなるであろう事を考えて弔ったのです。
    心の芽生えが始まっています。原始宗教なのかも知れないといいます。

ネアンデルタール人に親しみが湧く話です。

身体が不自由で狩猟が出来なかったシャニダール1号。この洞窟で彼は仲間の帰りを待っていました。狩猟や採集に出かけた仲間の無事を祈ったり、感謝したりしたのでしょうか。シャニダール1号に聞いてみたい気もします。

シャニダール4号の死を悲しみ、花を手向けたネアンデルタール人。彼らも今と同じように涙を流したんだと思います。 

ネアンデルタール人は私たち人類と約50万年前に分岐し、3万年前に絶滅しています。

彼らは古い脳と新しい脳のバランスが良かったと養老孟司さんが言います。

Wikipedia「脳・脊椎動物の脳」をみると脳の大きさはホモ・サピエンスよりも大きいことが分かります。

  • ホモ・ネアンデルターレンシス 1450ml
  • ホモ・サピエンス       1350ml

私たちよりも賢かったけれども、古い脳と新しい脳のバランスが良くて優しかったから滅ぼされてしまったのかも知れません。 

ネアンデルタール人がすっかり好きになってしまいました。考古学に熱中しているアマチャア考古学者・苅谷俊介 さんの話を聞いたことがあるんですが、考古学の面白さはこんなことにあるのか知れません。

花を飾ったのはネズミかも知れない

このブログを書くために「シャニダール洞窟」を調べるともっと詳しいことが分かりました。

  • シャニダール4号周りから発見された花粉は治療効果があると知られた植物であること。そこから彼はシャーマンであり、呪医であったという推測があること。
  • 花粉はネズミが巣穴に種子や花を保存したからではないかという論文もあるそうで、「花が意図的に置かれたものだという説はもはや説得力を失っている」と述べられているそうです。

花を飾ったのはネアンデルタール人なんでしょうか、ネズミなんでしょうか。

ネズミが巣穴に花を持ち込む習性があるからといって、花粉を洞窟に持ち込んだのがネアンデルタール人ではないという証拠にはなりません。花粉からその区別が出来ないからです。

事実はどうなんでしょう?

仲間の死を悲しみ、自分もそうなるであろう事を考えて弔ったのでしょうか。死者に花を手向けたという説はいつまでも残るんでしょうか。

考古学にはロマンがあります。

おまけ

NHKスペシャル 驚異の小宇宙 人体 DVD-BOX

NHKスペシャル 驚異の小宇宙 人体 DVD-BOX

 
NHKスペシャル 驚異の小宇宙 人体III 遺伝子DNA DVD-BOX

NHKスペシャル 驚異の小宇宙 人体III 遺伝子DNA DVD-BOX

 

www.asahi.com 2017年3月9日21時12分

こちらもオススメ

sirocco.hatenablog.com

sirocco.hatenablog.com

 

sirocco.hatenablog.com

QV-10は低画質だったけれど良いデジカメだった・「プロジェクトX 挑戦者たち 男たちの復活戦 デジタルカメラに賭ける」

目次 

カメラが良くなるほど撮影が難しくなった

「えむふぃぎゅあ」さんのデジタル一眼レフを購入した記事を読みました。

snep1000.hatenablog.com

そこで思うのは、カメラが良くなるほど撮影が難しくなったなぁ、ということです。ピントが合わなかったり、ブレたりと腕が悪いのが強調されるようになってしまいました。

現在は SONY NEX-5 (APS-Cサイズ) を使っていますが、なかなか上手くとれません。液晶の画像だけでは細かい画僧の状態が分かりません。ボケている範囲とかキッカリとピントが合っているのかどうかはっきりと分からないのです。

拡大する機能もあるし、ピントがあった部分の色が変わる機能もありますが、それで確認するのも面倒です。食べ物を撮影するときには一緒に行った人が待っていますから、なるべく早く撮影したいからです。

一眼レフではどうなんでしょう? ピントや絞りの調整がやりやすいのかも知れません。あと、レストランなんかは暗いから、明かるければ綺麗に撮れるのにと思いますがね。

最初に購入したデジカメ「QV-10」の撮影は簡単でした。(QV-10 - Wikipedia

今日は「QV-10」は低画質だったけれど良かったという思い出話です。

「プロジェクトX 挑戦者たち 男たちの復活戦 デジタルカメラに賭ける」

「QV-10」の思い出話と言えばこのDVDでしょう。

プロジェクトX 挑戦者たち 男たちの復活戦 デジタルカメラに賭ける [DVD]

プロジェクトX 挑戦者たち 男たちの復活戦 デジタルカメラに賭ける [DVD]

 

 放送大学図書館・映像音響資料室に「プロジェクトX 挑戦者たち 男たちの復活戦 デジタルカメラに賭ける」がありました。

最初の放送は2002年7月2日。DVDは田口トモロヲさんのこんなナレーションから始まります。

技術立国日本。14年前、そこに危機がせまっていた。バブル。合言葉は「濡れ手で粟」。多くのメーカーが株や土地投機に熱中した。

その時、ひたむきに電気回路に向き合う男たちがいた。メーカー25社の記述屋たち、物作りが何より好きだった。

挑んでいたのは夢の技術「デジタルカメラ」。フィルムも現像もいらないカメラ革命だった。

時代はバブル。「すぐに金にならないものなど意味がない」。プロジェクトは解散させられた。

男たちは負けなかった。半田ゴテを手に集まった。処分覚悟の闇プロジェクト。そこで出会った運命の瞬間。

これはバブルに翻弄されながらも夢を諦めなかった技術者たち執念の物語である。 

ダダントダント、ダンドン、ダンドン♪

ダダントダント、ダンドン、ダンドン♪

テーマ音楽「地上の星 / 中島みゆき [公式] - YouTube」が流れます。

エンドテーマは「ヘッドライト・テールライト

あぁ、いいですね。 

 

プロジェクトが解散させられたのは、最初の製品が失敗したからです。

最初に出来たのはフロッピーに録画する方式のホームビデオくらいの大きさのもの。128,000円。2万台生産し、25億の売り上げを見込みました。

しかし、ソニーから小型で動画の撮れる8ミリビデオが登場しました。大きくて写真しか撮れなくては売れなかったのです。

以下のリンクにも開発の話が出ています。

dc.watch.impress.co.jp

私が見てなるほどと感心したのは、試作機のテスト。

バカでかい試作機が出来てしまったのですが、それで撮影のテストをします。どんなものが映ったかを確認するために液晶モニタを接続。それに映ったモデルをしていた事務の村上さんが「面白い」と言うんです。

撮影された自分の姿がその場で見れる。それは画期的なことだったのです。

それと、同業他社の技術者から電話が来て勉強会を開くのが凄かった。

末高さんたちは、プロジェクトを解散させられ、研究部署なのに何も仕事がなくなってしまいます。そこに電話が来るんです。どこのメーカの技術者もデジカメ開発をやりたいのに経営者の理解がなくて出来ない。そこで勉強会をやるんです。

こんな第一線で活躍できる技術者たちの姿をみて、とてもうらましく感じました。熱中して何かを作るのはホント、楽しいんですよね。私は人に言えるようなものは作ったことはないですけど。

QV-10は低画質だったけれど良かった

私もQV-10を購入しました。

1995年。Windows 3.1にWinsockを入れてインターネットを始めました。

当時のホームページはHTMLの直書きで、文字がほとんどでした。綺麗な山の写真が掲載してあるサイトや女性の足の写真だけを乗せた「足フェチ」のサイトが人気でした。

写真をWebに載せたくても、フィルムスキャナは高価でした。コダックにデジカメはありましたけれども、価格は2万~2万5,000ドルだったといいますから、とても手が出るものではなかったのです。

そこに安いQV-10ですから、欲しくなってしまいます。

最初にQV-10を見せて面白がってくれたのは不動産でした。

当時、私は板橋に住んでいて、2時間もかけて幕張まで通勤していました。大変なので千葉にアパートを探しに行ったとき、QV-10を持って行って撮影しまくりました。後でアパートを出るときトラブルにならないようにするためです。

それを見ていた不動産が、こういうので写真を作ってホームページを作れば、お客さんが部屋の候補を絞るのが楽になるというのです。

私は得意になって写真を見せて喜んでました。

QV-10のスペック

  • 1.8型のTFT液晶カラーモニターを搭載。
  • 撮像素子:1/5インチCCD(25万画素)。320×240ドット。

会社の旅行で長崎に行ったときの写真を貼り付けます。

若い社員は私のQV-10を面白がって見てました。

社長たちは「ライカがどうの、こうの」と言っていて、「ウチはデジタルの開発する会社なんだけどな・・・」とガッカリしたのを覚えています。

 

阿蘇草千里にいた馬

f:id:sirocco:19980525060022j:plain

f:id:sirocco:19980525060028j:plain

阿蘇噴火口をバックにした私。

若い! 低画質だからいい男にみえる。

f:id:sirocco:19980525060050j:plain

フィルムの写真ならこんなメモは撮らかったと思う。ダメなら消してまた撮れはいいというのは魅力でした。

f:id:sirocco:19980525060054j:plain

f:id:sirocco:19980525060056j:plain

柳川の水郷

船の中で食べた弁当。

f:id:sirocco:19980525060106j:plain

f:id:sirocco:19980525060110j:plain

f:id:sirocco:19980525060116j:plain

長崎の中華街で食べた夕食。

f:id:sirocco:19980525060134j:plain

メロンの食べカス

フィルムだったらこんなアホな写真は撮らなかった。

f:id:sirocco:19980525060144j:plain

長崎の夜景

夜景の撮影はホント駄目でした。

f:id:sirocco:19980525060148j:plain

朝の長崎

f:id:sirocco:19980525060200j:plain

ハウステンボス

実物はこんないい男ではないが、低画質ならではの写真です。

f:id:sirocco:19980525060214j:plain

その後、ニコン初代COOLPIXを購入し、QV-10は弟の子どもにあげました。弟の子どもは小学校入学前でしたが、それでも撮影できてしまってました。

QV-10の撮影は楽で楽しかった。今のiPhoneに近い感覚かもです。

 

チンゲン菜が家庭菜園の秋蒔き野菜に向いている証拠

目次

f:id:sirocco:20170314063104j:plain

(これは小松菜の薹(とう)が立って花が咲いてきたところ)

チンゲン菜は秋蒔き野菜に向いている

 

去年の10月中旬に家庭菜園にチンゲン菜の種を蒔いた話を書きました。

記事の中でチンゲン菜がいい理由として次の3つを挙げました。

  1. 葉や茎を食べるだけだから失敗しない。
  2. 春までその成長度合いに応じて食べられる。
  3. 鍋に入れても炒めても美味しい。

春になって、庭のチンゲン菜はどうなったかと言うと、薹(とう)が立って花のつぼみが付きました。

「薹(とう)が立つ」という言葉に馴染みがないかも知れません。検索して調べると次のような意味がでてきます。

とうがたつ【薹が立つ】

①野菜などの花茎が伸びて硬くなり食べ頃を過ぎる。
②若い盛りの時期が過ぎる。年頃が過ぎる。

(「大辞林 第三版の解説」より)

「若い盛りの時期が過ぎる」という意味もありますが、 決して女性には使わないようにしてくださいねw

調べたら、ニンジンにも「薹が立ち」があって、芯が固くなって食べられなくなるそうです。

blog.goo.ne.jp

閑話休題。

秋に蒔いたチンゲン菜は、成長してその段階ごとに美味しく食べられます。

種を蒔いてからどんなふうに育ってきたか報告します。

間引いたチンゲン菜を食べる

f:id:sirocco:20161201073957j:plain

種を蒔いて1ヶ月すると大きくなって混んできますから、間引きます。

f:id:sirocco:20161113084200j:plain

それを味噌汁に入れたり、胡麻和えにしたり。

根っこは取った方が美味しいです。このあとは根っこを取りました。

f:id:sirocco:20161113113823j:plain

普通にチンゲン菜として食べる

f:id:sirocco:20170119065142j:plain

このくらい大きくなったら、炒めてたべてもよし、鍋に入れてもよし。

f:id:sirocco:20170104172749j:plain

雪の寒さに耐える

千葉は雪がほとんど降らないのですが、それでも何度が降ることがあります。あまり寒いと枯れてしまうこともあります。今年は大丈夫でした。

f:id:sirocco:20170120073204j:plain

雪に耐えても天敵が来る 

f:id:sirocco:20170316150026j:plain

スズメやヒヨドリが来て、庭のチンゲン菜を食べられてしまいます。

この写真は義母が撮影しました。

この時期は、家の前にある畑はネギが植えられたいます。鳥はネギよりも甘いチンゲン菜が好きなようです。

春になると薹が立って花が咲きます

f:id:sirocco:20170226111507j:plain

スーパーには菜の花が売られています。これも同じようなもの。摘んで食べると美味しいのです。

チンゲン菜も小松菜も花が咲くころになると同じような姿になります。きっと、キャベツや白菜も同じなんじゃないですかね。

f:id:sirocco:20170320112427j:plain

これを摘んで「辛し和え」して食べました。

f:id:sirocco:20170320182510j:plain

一度摘んでも、何日かするとまた脇芽が出てきます。何度も食べられるからお得です。

f:id:sirocco:20170320113245j:plain

まとめ

去年の10月中旬に家庭菜園にチンゲン菜の種を蒔いて「チンゲン菜ほど家庭菜園初心者に向いた秋蒔き野菜はないですよ」という記事を書きました。 

その理由のひとつがチンゲン菜は春までその成長度合いに応じて食べられること。

最後に何度も菜の花を食べれれるのは最高です。

ただ、寒い年は枯れてしまうのでそれが問題。何かよい対策はないものでしょうか。

こちらもオススメ 

sirocco.hatenablog.com

sirocco.hatenablog.com

 

実際のプロファイリングとはどう違う? 映画『羊たちの沈黙』との比較

目次

羊たちの沈黙(特別編) [DVD]

羊たちの沈黙(特別編) [DVD]

 

実際のプロファイリングとの違いについて考察せよ

放送大学で学んでいます。「心理学概論」は来学期に履修することになっているのですが、15章あるうち8章まで学習が進みました。

学習方法はこんな感じです。

  • メモを取りながら放送教材を視聴する。
  • 重要そうなキーワードと文章に線を引きながら印刷教材を読む。

あとは、単位認定試験対策として、キーワードを拾い出してプレゼン資料みたいなものを作れれば良いかなと考えています。さて、うまく行きますかどうか。 

心理学概論 (放送大学教材)

心理学概論 (放送大学教材)

 

 「6章 犯罪についての心理学」に『羊たちの沈黙』のようなプロファイリングが登場する映画やドラマを見て、実際のプロファイリングとの違いについて考察をしてみようという学習課題があります。

それで、DVD『羊たちの沈黙』を見て、プロファイリングについて書いてみました。人に教えるのが一番勉強になるっていいますから。

 『羊たちの沈黙』はアカデミー賞5部門を独占しました。しかし、まだ見ていませんでした。映画は面白いと思います。でも、連続猟奇殺人事件の映画を見ても心が豊かになることは期待できないと考えたからです。

「プロファイリング」ってなに? 

犯罪に関する心理学には目撃証言の信頼性に関する研究のような実験によるものもあります。しかし、実際に犯人検挙に結びつく実験は考案されていません。そこで、過去のデータなどを分析して、犯罪捜査に役立ようとするのがプロファイリングです。

「プロファイリング」という言葉そのものは犯罪捜査ばかりではないようですね、検索すると、恋愛を行動科学的に分析して役立てる「恋愛プロファイリング」なんて言葉もあるようです。

「犯罪心理学」の面白いサイトを見つけました。

みんなの犯罪心理学」。 大学・大学院・独学を合わせて10年ほど勉強している方が書いているそうで、引用文献もしっかり記述されていて、信頼性があり読み応えのあるサイトです。

ここに「性的殺人の類型(FBI)」という記事があります。これがプロファイリングの始まりです。 

www.hanzaishinri.com

しかし、この方法は分析に曖昧なところが多く、分析者の技量や経験に負うことが多かったので、科学的でないと批判されました。 

それで出て来たのが「リバプール方式」と呼ばれるものです。「おまけ」から先の部分に記述されています。

『羊たちの沈黙』はどんな映画か

映画はFBI訓練生の若い女性クラリスがクロフォード主任捜査官に呼ばれ、任務を依頼されるところから始まります。

クラリスはこんな人。

  • 主人公はFBI訓練生の若い女性クラリス。
    訓練生の成績はトップクラス。上司がバージニア大学の教授だったときゼミにいたことから仕事を依頼されます。犯罪学と心理学を専攻。現在は教授の行動化学課で働きたい希望があって、FBIの訓練生になった。

クロフォード主任捜査官は困っています。女性を誘拐し、皮を剥いで殺害する連続殺人事件が起きて、犯人を逮捕するために監禁中の凶悪殺人犯たちの心理分析をして手がかりを得たいのですが、協力しない男がいるからです。それがハンニバル・レクターです。

なぜ、主任捜査官がクラリスに心理分析を依頼するのか

人肉事件の犯人ですけれども、若い女性なら少しは話してくれるかも知れないと考えたからですね。若く美しい女性とアンソニー・ホプキンス演じる狂気の中年男。その方が映画として面白いからなんでしょうが、考えてみるとかなり無茶です。自分が出来ないことを女性の教え子にやらせるんですから。

レクターの狂気ぶりとその異常とも思える厳重な管理方法。クラリスがそのレクターからいろいろと聞き出そうとします。

クライマックスは犯人のバッファロー・ビルを追い詰め、誘拐された女性を助け出せるかというサスペンス。

感想を見ていたら「どこが面白いんだ」という人を見つけました。私からすると、感動して何度も見たいと思う心あたたまる映画ではないのですが、緊張感のあるシーンが続く見ごたえのある映画だと思うんですがね。

実際のプロファイリングとはどう違うか

この映画は犯罪心理学によるプロファイリングの知識や技術が多く利用されていると言われています。しかし、クラリスがレクターから聞き出しているのは「プロファイリング」ではありません。

レクターは狂気の天才精神科医です。犯罪心理学の専門で多数の犯罪データがある訳ではないのです。プロファイリングの情報を持っているとしたら、文献で読んだことのある記憶くらいでしょう。それならクロフォード主任捜査官の方が詳しいはず。プロファイリングは「こういう犯罪の犯人はこういう人間が多い」という統計学なのですから。

Wikipediaにこんな記述があります。

プロファイリングというものは事件を解決するものではない。個人を特定するのではなく、確率論的に可能性が高い犯人像を示すものであり、捜査を効率的に進める支援ツールである(当然、プロファイルに当てはまらない人間が犯人である事もあり得る)。そのため、ドラマにあるような一人のプロファイラーが犯人を特定し逮捕するようなことはない。
(Wikipedia「プロファイリング」より) 

これが映画と本物のプロファイリングの違いです。

レクターがバッファロー・ビルの犯人像に迫れるとしたら、自分も狂気の連続殺人犯だという共通性から自分を分析すること。しかし、それはプロファイリングと呼べるものではありません。 

犯罪捜査の心理学―プロファイリングで犯人に迫る (DOJIN選書 17)

犯罪捜査の心理学―プロファイリングで犯人に迫る (DOJIN選書 17)

 

 

あと1ポイントで映画を1本無料で見れる! TOHOシネマズ「シネマイレージ」がなかなかいいかも

目次

f:id:sirocco:20170314092117j:plain

ポイントカード嫌いだった

「ポイントカードはお持ちですか?」と聞かれると、まず、思い浮かぶのが「あ~ぁ、面倒くさい」。「Tポイントもってないよカード」を作りたいくらいでした。

ところが、一つポイントカードを作ると、ポイントカード嫌いの突破口が開いて、次々とカードが増えました。

 最初に作ったのがTポイントカード。イオンモールの蔦屋で「日の名残り」を借りようと思いましたら「Tポイント」に加入する必要がありました。これが最初です。

次に、「GEO」でDVDを借りようとすると「Pontaカード」が必要になり、「シャポー市川」でお惣菜を買うときポイントがたまるからと「JRE POINT」、放送大学に行く途中や会社近くの「マックスバリュ」でお惣菜を買うからと「イオンカード」を作りました。

そしてついに、TOHOシネマズの「シネマイレージ」に加入しました。加入したのは「七人の侍」を見た帰りで、映画館のロビーで加入で続きをしました。

自宅から近いのは幕張の「シネプレックス」、イオンモールの「イオンシネマ」ですが、TOHOシネマズでは「午前十時の映画祭」をやってます。「きっと、これから何度も来るようになる」と考え、加入することにました。

シネマイレージの気に入っているところ

シネマイレージのサービスはこちらで紹介されています。

スタンプラリー・映画を6本観れば1本ご招待

これ、いいですね。

一般の入場料金は1800円なのですが、1100円の安い「午前十時の映画祭」を見ても同じ1本とカウントされます。

  • 2017/03/14 「浮雲」
  • 2017/02/22 「アラバマ物語」
  • 2017/01/31 「奇跡の人」
  • 2017/01/29 「沈黙 サイレンス」
  • 2017/01/02 「山の郵便配達」
    「沈黙 サイレンス」以外は「午前十時の映画祭」。

入会後に見た映画が5本になりました。あと1ポイントで無料で映画を見れます!

ただ、ネットから普通に1800円でチケットを購入すると「会員6ポイント鑑賞 0円」というメニューがあるのですが、「午前十時の映画祭」にはありません。「午前十時の映画祭」では使えないようです。

映画を見るとマイルがたまる

映画を見るとマイルがたまり、そのマイルを使えるそうです。

300マイル:グッスプレゼントの抽選に参加できる。当選しなくても300マイルが減る。

1000マイル:ポップコーンSサイズ または ドリンクSサイズ

6000マイル:1ヶ月フリーパスポート(六本木ヒルズは9000マイル)。

たまったマイルを確認してみるとこんな感じでした。

鑑賞日タイトルマイルメモ
2017/03/14 浮雲 124マイル  
2017/02/22 アラバマ物語 129マイル  
2017/01/31 奇跡の人 106マイル  
2017/01/29 沈黙 サイレンス 162マイル  
2017/01/02 山の郵便配達 93マイル  

映画によって加算されるマイルが違いますね。なんで? 上映時間1分=1マイルという計算だからです。

1800円で見た映画も、1100円で見た映画も同じというのは面白いと思います。

ただ、これには2年以内という有効期限があります。現在の私のマイル残高は614マイル。4ヶ月で614マイルですから、このペースでマイルが増えると1年で約1800マイル、それが2年だから約3600マイルくらいにはなるでしょうか。

うーん、1ヶ月フリーパスポートは無理みたいです。それに、1ヶ月、毎日映画を見ても、面白いと感じるのは1割か2割ですから、それほど欲しいとは思えません・・・

そのほかのメリット

  • 毎週火曜日は1,400円
    私はシニアなので1100円ですし、・・・「午前十時の映画祭」は元々1100円。
  • 見た映画の記録が残る。
  • ネットからチケットを買うとき、会員番号の他は入力しなくていい。
  • セゾンカードでチケットを購入するとカードのポイントがたまる。

なんと言っても「映画を6本観れば1本ご招待」が魅力的。それ以外はとりあえずやっていますという感じですが、全体としてはなかなかいいんじゃないかと思います。

まとめ

去年の10月にTOHOシネマズの「シネマイレージ」に加入しました。

「シネマイレージ」には、映画を6本見ると1本無料で見れるスタンプラリーという精度があります。昨日見た「浮雲」で5本目。あと一本みれば映画を無料で見ることが出来ます。

ちょっと楽しみなので記事にしてみました。

ポイント大好きおばさんに近づいてきた?

「同じ映画を何度も見てどこが面白いんですか?」に答えてみます

f:id:sirocco:20170308033410j:plain

著作者: Forsaken Fotos

男が一人で映画を見ているこの写真、なんか、私のような気がします。寂しいように見えるけど、「オレには映画があるからいいんだ」ってやせ我慢しているおっさん。

知っている役者さんが出てくる映画は嫌だった

はてな匿名ダイアリーのこんな記事が話題になりました。

いい加減気付こうぜ

同じ映画を何度も見るって普通じゃないよ
一回見てわからないことがあるならそれでいいじゃん
人に聞くとか評論見るとかでいいじゃん
何度も同じ映画を見るのってホントキモいと思う

 (「はてな匿名ダイアリー」より)

私も、そう思っていたことがありました。結末の分かっている同じ映画を何度も見て何が面白いの? って。

福島の田舎町に住んでいたとき、私はどう生きていいかも分からず、毎日飲んだくれていました。映画は現実逃避の手段でもありました。お金を払って暗い劇場に入れば夢の世界が広がるのです。

邦画よりも洋画が好きでした。邦画には高倉健さん、吉永小百合さんなど有名な俳優さん、そうでなくてもテレビでみたことのある人が出て来たりします。だから、もう、これは「嘘の世界だ」って、はっきり分かってしまって、夢の中に入りきれなかったのです。

その点洋画はどっぷりと映画の中に入ることが出来ました。当時は知っている外国の役者さんは一人もいなかったからです。

  • 「ロッキー」「がんばれ!ベアーズ」
    自分と同じようにダメな主人公が活躍するのは気分爽快でした。
  • 「狼たちの午後」「燃えよドラゴン」「パピヨン」「ダーティハリー」、エアポートシリーズ、「JAWS/ジョーズ」
    実際には自分が体験できないことを映画館で味わうことが出来ました。

映画が終わって、外に出ると現実の世界に戻りましたが、元気が出たような記憶があります。こんな映画の見方でしたから、同じ映画を何度も見るという発想はありません。内容を知っている映画を見てもつまらなかったと思います。

それが、現在ではそれほどでもない新作映画を見るなら、名作を何度も見たほうが良いと考えるようになりました。

映画をたくさん見ると変わります

蓄膿症の手術をするために入院したことありました。 そのとき、友人が「シナリオ」という雑誌を持って来てくれました。

映画はセリフが決まっていて、カメラの前で演技して撮影されます。そんなことは分かっていましたが、「シナリオ」の掲載された台本を見てから、映画がどんなふうにして作られるのか興味が湧きました。

  • あ、今、カットが切り替わった。
  • あ、今度はアップだ。
  • カメラが移動している・・・。

映画館にノートを持ち込んで、セリフなんかをメモしながら見たこともあります。

映画が面白くなって、レンタルビデオの映画をみて、テレビの洋画劇場、NHKの名画劇場、BSの映画を録画してみました。新作映画も見ます。

録画したビデオが300タイトルを越えるころには、ずいぶんと映画を見る目が肥えて来ました。監督によって映画の色合いも違いますし、役者さんの演技もいろいろあるのがわかってきます。

こんな状態で新作映画を次々と見ると、段々と「見て損した」と思うことが多くなりました。面白いと思えるのは10本に一本とか、二本とかになってしまったのです。

数多く映画を見ると、映画監督の名前も覚えます。この監督の映画なら、間違いないというか、大丈夫だと期待して見るようになりました。脚本家で見る映画を選ぶこともありました。

今では、昔のように知らない役者さんが出る映画の方がリアルだから良いとは考えていません。監督や役者さんや衣装・・・いろんな人によって作りあげた世界映像の完成度の高さ、感動的なシーン、いい映画は何度みてもいいと思います。見て失敗したと思うより、いい映画を何度も見た方が得るものがあります。

ちなみに、一番多く見たのはこの映画。十数回は見ていると思います。

sirocco.hatenablog.com

Youtubeに「好きなものの話」と言うトーク番組の録画があります。その中で松本ひとしさんが5、6回、千原ジュニアさんは10回以上は見たと言っています。

同じ映画が好きで、同じように何度も見ているのは仲間みたいで嬉しい。

今はこんな映画の見方をしています

期待して映画館に行ったのに、つまらなくて 映画館を出たくなってしまうことがあります。

  • スピルバーグ監督「ミュンヘン」がそうでした。
    「激突!」、「ジョーズ」、「カラー・パープル」は好きですが、好きでない作品もあります。
    この映画は、暗殺に手を染めていくことで精神的に病んでいく主人公達の苦悩を描きたかったそです。それを意識して見直すと違う結果になるかも知れません。
  • 「シン・ゴジラ」
    数々の映画賞を受賞していますが、あの会議のシーンは苦痛で映画館を出ようかと思いました。評判を聞いて見ることにしたのに私には合わなかったようです

こんな経験が嫌なことから、新作はかなり調べてから見に行くようにしています。

参考になるのは「Yahoo! 映画」のレビューです。

アマゾン・レビューのように文章から参考にすべきレビューなのか、無視すべきなのか難しいところもありますが、酷評する訳にはいかないプロの批評よりは参考になります。

 

あと、最近よく行くのか、「午前十時の映画祭。名作として評価の定まった映画ですから安心して見に行けます。

これは全部見たかった。しかし、見れたのは10本。何度も見た映画なのに見に行ったのもありますし、名前を聞いても見ていなかった映画もあります。

今年度最後の「浮雲」は見に行きたいと思ってます。名作と聞いてDVDを見始めたのですが、感情移入もできなくて見るのを止めてしまったことがあるのです。随分前の話です。大きな画面でじっくり見れば良さが分かるのではないかと期待しています。

「午前十時の映画祭」を見に行くと、十時という映画を見るには早すぎる時間でもかなりの人が見に来ています。若い人もいますが年配の人が多い。みんな昔見た映画が好きでまた見に来たのかと思うと同じ映画が好き同士、嬉しくなります。

まとめ

はてな匿名ダイアリーの「同じ映画を何度も見るって普通じゃないよ」という記事が話題になりました。

私は何度も同じ映画見ることがありますので、その理由を書いてみました。

いい加減気付こうぜ

新作映画を次々と見ます。すると、見る本数が多くなればなるほど、見て損したと思う映画が多くなります。10本に1本とか、そんな割合です。それよりも、良い映画を何度も見た方が映画を楽しめます。

2017/03/07 05:17

b.hatena.ne.jp

妻は特別な映画ファンではないですが、「タイタニック」を4回見に行って、DVDも購入しました。「パールハーバー」は何度も見に行って、DVDも購入。毎朝「パールハーバー」のテーマを見覚ましに使っていました。「フラガール」、「永遠の0」も。

何度も見たくなる映画、それが名画です。

 

こちらもオススメ

sirocco.hatenablog.com

sirocco.hatenablog.com

sirocco.hatenablog.com

sirocco.hatenablog.com

 

信仰を捨てるのか信者の命を救うのか・・・マーティン・スコセッシ監督『沈黙‐サイレンス‐』

目次

ネタバレ注意!

沈黙 (新潮文庫)

沈黙 (新潮文庫)

 

ハリウッドの巨匠と遠藤周作『沈黙』の接点

去年の夏ころからでしょうか、マーティン・スコセッシ監督『沈黙‐サイレンス‐』の予告が上映されるようになりました。それを見て思ったのは「なんで、マーティン・スコセッシ監督が日本の小説を映画化したんだろう」ということです。

マーティン・スコセッシと言えばハリウッドの巨匠。ロバート・デ・ニーロが主演した『タクシードライバー』は名作として有名ですし、レオナルド・ディカプリオが主演した『ディパーテッド』はアカデミー賞作品賞を受賞しています。ポール・ニューマンとトム・クルーズが出演した『ハスラー2』、『アビエイター』を見たことがあります。

その有名な監督が『沈黙』を映画化したというのですから、なんでなの?と思いました。『沈黙』は遠藤周作さんが隠れキリシタンを描いた小説です。予告を見ると日本の時代劇のようにも見えます。アメリカ人が日本を舞台にした映画を作るのは大変なことでしょう。それまでして、映画を作る理由は何なのか、不思議にも思えました。

その理由は公式サイトの「プロダクションノート・企画のなりたち」を見て分かりました。

企画のなりたち

1988年、ニューヨーク市で行われた『最後の誘惑』特別試写会で、監督のマーティン・スコセッシは大司教のポール・ムーアと知り合った。そのイベントでムーアは、監督に遠藤周作の小説「沈黙」をプレゼントした。

初めて「沈黙」を読んだスコセッシは大きな衝撃を受け、まるで彼個人に話しかけられたような気がした。「遠藤が本で提示したテーマは、私がとても若い時からずっと考えていたものです。私はこの年になっても、信仰や人間のありようについて考え、疑問を感じていますが、これらは遠藤の本が直接的に触れているテーマなんです」

(強調は引用者による)

Wikipedia「マーティン・スコセッシ」には「少年時代は、映画監督ではなくカトリックの司祭を目指していた」という記述もあります。

映画にしたいと思い立っても、良い脚本が出来上がらなかったり、情報の少ない日本のキャスティングやロケ、言葉の問題など、映像化するのに困難な問題が立ちふさがり、28年もかかってしまったようです。

『沈黙‐サイレンス‐』では何が描かれるのか

映画は簡単に言うと、弾圧されても信仰を貫こうとする人たちが描かれます。こんなに酷い状況なのに神は奇跡を起こす訳でもなく、ただ沈黙しているだけ。それでも神を信じる。信仰とは何なのかを問う映画です。

この映画には、いろんな信仰の度合いのキリスト教を信仰している人たちが登場します。

神を信じ切っている人たち

  • 塚本晋也 監督演ずる「モキチ」
    塚本監督がオーディションを受けに行ったとき、マーティン・スコセッシ監督はびっくりしたそうです。海で十字架にはりつけられて、ゆっくり苦しみながら殉教していく。そのとき、賛美歌を歌います。原作には賛美歌を歌うことが書いてあるのですが、シナリオにはなく、塚本監督の提案で復活しています。
  • 笈田ヨシ (イチゾウ)
    村の司祭役である「じいさま」。モキチと一緒に海で十字架にはりつけられて、ゆっくり苦しみながら殉教していく。
  • 小松菜奈 (洗礼名 モニカ)
    宣教師ガルペの目の前で、ムシロに巻かれて縛りつけられ海に落とされます。
  • ガルペ神父
    棄教すればモニカたち信者三人の命は助けてやると言われます。ガルペは棄教する訳にはいきません。モニカたちが海に落とされます。ガルペは「代りに自分を殺してくれ」と泳いで行き、殉教していきます。

神を信じて死んでいくのは美しいという視点で描かれ、力強く、感動的です。そういう姿には憧れもあります。

しかし、特別に信仰を持っていない私からすると、なぜ、そんなにも神を信じることが出来るのか、不思議にも思いました。

「なぜ、神は沈黙したままなのか」と疑いを持つ

セバスチャン・ロドリゴ神父。

神を信じているはずなのですが、自分達を守るために死んでいく信者達を見て、奇跡を起こさない神に対して苦悩します。ガルペも目の前で死んでいきました。それでも、なぜ、神は沈黙したままなのか・・・。

この映画のテーマです。原作のロドリゴ神父の手紙を読みますと、彼の神に対する怒りのようなものを感じます。

ロドリゴ神父は、拷問を受ける信徒を目の前にして、棄教します。

ところが、外見から見れば棄教したようでも、最後まで神を信じた人生を貫きます。

信仰を捨てようとしたり戻ったりと迷い続けている

窪塚洋介さん演ずる「キチジロー」。
家族と一緒に密告されたとき、自分ひとりが踏み絵を踏んで生き残った過去を持っています。踏み絵を踏んで、十字架にツバを吹きかけても、完全に棄教した訳ではありません。

原作の遠藤周作さんは「キチジローは私だ」と言っていたようです。

キリシタンを弾圧する人たち

浅野忠信さん演ずる「通辞」。

キネマ旬報のインタビュー記事を読みました。通辞は苦しみを与えながら友情も感じている。原作を読んだけれども、なぜ、それほどまで弾圧できるのか分からなくて、何通りもの役作りを考えたそうです。そして、通辞も棄教した人間だと考えると納得できたそうです。

イッセー尾形さん演ずる「井上筑後守」

堂々とした悪役ぶりでした。私には堂々とした立派な英語のように見えました。

徳川幕府の指示とは言え、こんなにも強く弾圧できる理由は何なのか、実感が湧いてきません。Wikipediaの「禁教令・幕府の諸政策」をみると、実際に踏み絵よって隠れキリシタンを判別し、「俵責め」や「穴吊るし」の拷問が実際に行われたようです。

心理学には有名な「ミルグラムの服従実験」というのがあります。これは閉鎖的な状況における権威者の指示に従う人間の心理状況を実験したものですが、特別な状況になるとそれを当たり前と考えてしまうのかも知れません。

キリスト教の人に嫌われる映画?

映画を見たときは見事な映画だと思いました。『ラ・ラ・ランド』と『沈黙ーサイレンス』の一騎打ちと言っているサイトもあり、そうなのかとも考えました。

しかし、アカデミー賞の結果は「撮影賞」のノミネートされただけでした。

日本人の英語が拙くて感動を与えられなかったのでしょうか。

この記事は、映画を気に入らなかった批評家も含め、ほぼ全員が、イッセー尾形さんの演技のすばらしさに言及していると言っています。

『沈黙‐サイレンス‐』について、検索しているうちにこんなサイトを見つけました。

本映画はキリシタン弾圧を題材にしているだけに、登場人物のほとんどが死ぬ。そのときにBGMは流れず、効果音もない。しかも火葬するまで描かれる。キリスト教徒は「復活」に備えるために土葬するのが一般的だが、江戸幕府はそれすらも許さなかった。
このような映画を見せられては気が滅入る人が大半ではないか。「救いがない」ことがテーマであるために、その展開にスリルを求めることはできない。キリシタンの殉教のみじめさを痛感させられるだけである。

私は「シン・ゴジラ」の会議シーンがつまらなくて途中で映画館を出ようと思ったのですが、皆さんの評価は良かったようです。「シンドラーのリスト」で淡々とユダヤを殺すナチスを見て、リアルさを感じなくて見るのをやめてしまったこともあります。

人によって感じ方は互います。キリシタンの殉教を惨めと感じたか、美しいと感じたか、その差は大きいのです。

さらに読み進めますと、「ノーベル文学賞に至らなかった原作小説」として、ノーベル文学賞候補と目されたが、『沈黙』のテーマ・結論が選考委員の一部に嫌われたことが書いてあります。

『沈黙』をはじめとする多くの作品は、欧米で翻訳され高い評価を受けた。グレアム・グリーンの熱烈な支持が知られ、ノーベル文学賞候補と目されたが、『沈黙』のテーマ・結論が選考委員の一部に嫌われ、『スキャンダル』がポルノ扱いされたことがダメ押しとなり、受賞を逃したと言われる。 (Wikipedia「遠藤周作」より)

そうだったのか・・・。 キリスト教徒でないから気が付きませんでしたが、「沈黙」はキリスト教徒からは嫌われる可能性があるのです。

三浦朱門さんが、正統な考え方ではないと言っていますね。

もうひとつ。弘前大学の学長だった吉田豊さんの講演に遠藤周作さんについての解説を見つけました。

あれはキリスト教会 でも大きい反響、というよりは反論が出て、教会では禁書にもなったのです。そのころの遠藤周作は世界的にも有名になって、ノーベル文学賞受賞がほとんど決 まっていたのです。ところが、キリスト教会の反対などもあってか、受賞されなかった。ニューヨークタイムズなど米紙は「次のノーベル賞は遠藤周作」と書い ていたのですから、私はすっかり受賞するものと、思っていましたが、大変、残念なことでありました。

(略)

聖書の中では、イエス・キリストは多くの奇跡を起こしています。波を鎮めたり、一つのパンで5千人に分け与えたとか、目の見えない人を見えるようにした―とか。しかし、これらの奇跡のことは『イエスの生涯』には一切な い、そういう「強いイエス・キリスト」を書かなかった。というよりも、遠藤周作は丹念に史実を調べた上で、「事実」として、そのようなことはなかったと確 信できたのでしょう。
そして、書いたのは「弱い、無力な、イエス」像。奇跡を起こすような「強いイエ ス」ではない、いつも病弱な人、地位のない、弱い人に優しいイエス。つまり、奇跡とか、力よりも「愛」が大切と言っているわけで、これを守り、これに従う ことによって「真実」、「信仰」を見つけたい、というのが、遠藤周作の思想ではなかったかと思います。
(「吉田豊・元弘前大学学長 仙台で公開講演」より。強調は引用者)

キリスト教の人に嫌われる弱いキリストの映画だったから嫌われ、アカデミー賞では撮影賞にノミネートされただけだったのかも知れません。 

関連リンク

キネマ旬報 2017年2月上旬号 No.1738

キネマ旬報 2017年2月上旬号 No.1738