シロッコ手習鑑

どうすれば登校拒否や引きこもりをサポートできるのか。高卒シニアなのに放送大学で心理学を学び始めました

投資入門(1) 「株主優待は魅力がいっぱい」

目次

f:id:sirocco:20141213055415j:plain

イオンラウンジに入りたい

妻が亡くなってイオンゴールドカードが使えなくなりました。それで困ったのがイオンラウンジが利用できなくなったことです。私は入ったことはないのですが、義母と船橋に住む娘は孫を連れて良く行くそうで、特に3歳の孫がお気に入りなのに入れないのは困るのだそうです。

イオンゴールドカードがなくてもイオンラウンジへ入る方法があります。それは、株主になってオーナーズカードを貰えば良いのです。そこでイオンの株主優待を調べてみました。

イオンの株主優待はイオンラウンジに入れます。イオンラウンジでは無料でコーヒーやソフトドリンクなどが飲めて、お菓子もいただけ、雑誌や新聞も読めます。

株を保有していれば配当がありますね。その利回りが2.4%ですから、銀行子息よりずっと良いです。さらに、イオンで買い物をすればキャッシュバック等があります。かなり魅力的ですね。 

ゼンショーホールディングスの食事券が欲しい

こうなると株主優待のとりこになってしまいます。近所に「ビッグ・ボーイ」と「はま寿司」があって、良く家族で利用します。その運営会社のゼンショーホールディングスの株主になれば食事券がもらえるのではないかと調べてみました。 

予想配当は16円だったのですが、一人ですき家を切り盛りするワンオペの人材不足問題などがあって、無配になってしまいました。

投資の勉強をしよう

株主優待、配当は魅力的ですが、株は価格が変動します。バブル絶頂期の史上最高日経平均は38,957円でした。しかし、2008年には6,994円を記録しています。一番高いときに買って一番安いときに売ったりしたら大変なことになります。

とりあえず、無配になってしまったゼンショーホールディングスの食事券はあきらめます。そして、イオンの株は買うべきか、他の投資はどうなのか検討していきます。

 Yahoo!ファイナンスをみても、PER、PBR、EPS、BPSと知らない言葉がいっぱい。

次回はこれらの言葉を調べて、証券会社に講座開設、NISAも申請、証券会社に入金すると利息はなくなるのか(MRFとは何か)、勝間さんが使っているMMFとは何か(勝間和代さんのアセットアロケーション)、株主優待の魅力でイオン株を買うべきかなどを調べていきます。

今はとりあえず、MMF。それからインデックス投資信託が良いのではと考えているのですが、そのことも書いていきます。