シロッコ手習鑑

高卒シニアなのに臨床心理士になりたいと思い立って放送大学生になりました。

書きやすいオススメのボールペンなら「ジェットストリーム 4&1」

f:id:sirocco:20140120152105j:plain

(著作者: Sunshine Lady !)

本は赤線を引きながら読みます

井上ひさしさんの「本の運命」を読んでから、その真似をして赤線を引きながら本を読んでいます。

井上ひさしさんの本の読み方は凄くて、凧糸を数本もシオリに使い、気になったところには赤線を引き、大事だと思ったところはノートに書き抜いて「書き抜き帳」を作り、最後には自分専用の索引を作るのだそうです。

ここまでは出来ませんが、「ここは大事と思ったところに赤線を引く」というのを真似することから始まりました。そのうちに接続詞を赤丸で囲んで文の関係を確認したり、大事な言葉は余白に書き出したり、図を描いたりするようにもなりました。本の一番前の余白には大事な言葉とそれが書いてあるページも記入します。

この読み方の良いところは、どこまで読んだかすぐ分かること。パラパラながめると本の内容がだいたい分かるようにもなり、理解も深くなったように感じます。

最初は蛍光色マーカを使いましたが、キャップが外れてしまったりして使えなくなったり、何より文字を書き込めないのが不便です。

カラーのボールペンなら、赤・青・緑に色分けも出来て見やすくなります。4色ボールペンはすっかり必需品になりました。

ボールペンはどれがいい?

最初はコンビニで見つけた透明なトンボのプラスチックの4色ボールペンを使いました。4色ボールペンには困ったことがあります。それは赤だけが早くなくなってしまうのです。2本、3本と赤のない4色ボールペンがたまってしまいます。替え芯はあるのですが、本体が安いからか置いてある店は少ないようです。

それで、コンビニではなく市川駅直結のシャポー市川にある書籍・文具の「有隣堂」へ。ここにはかなりのボールペンがあります。

珍しいのではパイロットのこすると消えるボールペン。なぜこすると消えるのかと言うと、こすると熱が発生してインキが高温(65℃前後)になると消え、マイナス10℃復活するらしいです。

それから、良さそうなの三菱のジェットストリーム。このボールペン、油性なのですが今までのようにねっとりした感じがなく、スラスラと書き心地が良いのです。(【開発ヒストリー】油性なのになめらか ボールペンの常識覆す「ジェットストリーム」

本の書き込みを消したいと思ったことはないので、ジェットストリームを使うことにしました。黒・青・緑・赤の4色にシャープペン。定価1000円ですから重大な決断でもありません。 

三菱鉛筆 多機能ペン ジェットストリーム 4&1 ネイビー MSXE510005.9

三菱鉛筆 多機能ペン ジェットストリーム 4&1 ネイビー MSXE510005.9

 

本の書き込みには0.7mmと0.5mmのどちらが良いか

今までに3本の0.7mmのジェットストリームを購入。うち1本は紛失。もう1本はシャープペンを使っているときに落下して、シャープペンの芯が出て来なくなってしまいました。シャープペンの先を見ると詰まっています。ペン先から落ちて強く打ったしまったようです。

赤インクの替芯を15本、青と緑は3本くらい使っています。黒はほとんど使いません。

スラスラとした書き味には十分満足しています。 

NHKの「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」のような開発秘話を見つけましたので貼り付けておきますね。

sankei.jp.msn.com

最近、0.5mmのジェットストリームがあることを知って試験的に購入しました

0.7mmの芯のものとどう違うか特徴を書いてみます。

  • 書き味は0.7mmの方がスラスラ感があって柔らかい感じがします。それに対して0.5mmは硬い感じがします。
  • 書いた文字は0.7mmは文字が太いだけでなくスラスラ感のためか、どうしても崩して書く度合が高くなります。0.5mmで書いた文字は見やすいですね。

どちらが良いか・・・きっと、0.6mmがあればな満足すると思います(笑)!

本に線を引きながら読んでみてください。今までとは違った読書が味わえると思います。

三色ボールペンで読む日本語 (角川文庫)

三色ボールペンで読む日本語 (角川文庫)

 

 

  • 組み合わせ自由な10本セットの0.5mm 替芯。まだ発注したことありません。赤/5・青/3・緑/2くらいで発注してみましょうか。

 

  • 組み合わせ自由な10本セットの0.7mm 替芯。

 【関連リンク】

www.pentel.co.jp 

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp