シロッコ手習鑑

どうすれば登校拒否や引きこもりをサポートできるのか。高卒シニアなのに放送大学で心理学を学び始めました

WordPressのサイト URL を変更する方法(Linux)

f:id:sirocco:20151104130054j:plain

目次

「WordPress アドレス」、「サイトアドレス」とは

OSはCentOS。WordPress は /var/www/html/wordpress にインストールしてあります。

WordPressの「管理画面」→「一般設定」を表示させると、中に二つのURLに関する設定があります。

Ploneが動作していましたから、設定が完了するまでは影響がないように作業をする必要があります。次のような設定で作業をしました。

WordPress アドレス (URL) : http://example.com/wordpress
サイトアドレス (URL)   : http://example.com/wordpress

この状態で http://example.com/wordpress にアクセスすればWordPressが表示されます。

その状態から、構築作業が終わって本番になり、http://example.com でアクセスできるようにする話です。

WordPress アドレス (URL) : http://example.com/wordpress
サイトアドレス (URL)   : http://example.com

このような設定で動作させたいのです。このままでは http://example.com にアクセスしても表示されません。

index.phpがないのでコピー編集する

サイトアドレスを変更して http://example.com にアクセスしても表示されないのは index.php がないからです。

WordPress アドレス (URL) : http://example.com/wordpress
サイトアドレス (URL)   : http://example.com
.htaccess /var/www/htmlサイトのホームページを WordPress のインストールディレクトリとは異なるものにしたければ、ここにアドレスを入力してください。

「サイトのホームページを WordPress のインストールディレクトリとは異なるものにした」にリンクがありますから、そこを開いてみます。

そのサイトで「日本語」を選択。

というページに飛びました。この中の「既存のサブディレクトリを使ってルートディレクトリに表示する場合」に私は該当します。

作業は次の通りです。

# cd /var/www/html
# cp wordpress/index.php .  # index.php を /var/www/html にコピー
# cp wordpress/.htaccess .       # .htaccess を /var/www/html にコピー

次に「index.php」を編集します。

'/wp-blog-header.php' を読み込む命令を下位ディレクトリにあるファイルを読み込むよう '/wordpress/wp-blog-header.php' に修正します。

/** Loads the WordPress Environment and Template */

/* ここを書き換えます。
* require( dirname( __FILE__ ) . '/wp-blog-header.php' );
*/
require( dirname( __FILE__ ) . '/wordpress/wp-blog-header.php' ); 

以上です。Ploneを動作させるための httpd.conf にある Rewriteの設定はすべて削除してhttpdを再起動。

分かってしまえば簡単

分かってしまえば簡単ですが 「WordPress URL 変更」などで検索するといろんな情報 がヒットして混乱しました。とりあえず動いています。

何かあったら、また書きます。