シロッコ手習鑑

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロッコ手習鑑

高卒シニアなのに臨床心理士になりたいと思い立って放送大学生になりました。

「テロリストとは違う!」・元特攻隊員の生き残った理由は偶然か?

歴史

2015年11月13日、パリで同時多発テロ攻撃が発生し、130名以上のの市民が亡くなったそうです。そして、パリの事件を「kamikaze」と呼ぶ欧米メディアに対して、日本のネットユーザーが困惑しているというニュースがありました。

そこで出てきたのが産経新聞の記事です。

www.sankei.com

この記事で、末吉さんが生き残った理由を産経新聞は次のように書いています。

末吉さんは16歳で陸軍少年飛行兵に応募し、昭和18年に陸軍飛行学校に入校した。18歳だった20年4月28日、特攻隊として、4機5人と台湾の飛行場から飛び立ったが、約1時間後、隊長機にトラブルが起きて沖縄・石垣島に全機不時着した。再出撃の命令は出ず、そのまま終戦を迎えた。

これを読んで、映画「永遠の0」を思い出しました。 

隊長は出撃のとき、自分が恩を感じた若者と機体を交換します。それは良く故障を起した機体でした。隊長は若者を助けたかったのです。

隊長機にトラブルが起きて全員生還。

機体のトラブルは偶然だったのでしょうか? 終戦も近い時期になると、まともな機体が少なくなってきたという話も聞きます。

ただの偶然だったのか、誰かの意思が働いていたのか。隊長は非難されたのでしょうか? とても気になります。そのときの様子を聞いてみたいですね。

日本の第二次世界大戦での死者数は約300万人。こんな生きるか、死ぬか、紙一重のことがいっぱいあったに違いありません。