シロッコ手習鑑

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロッコ手習鑑

高卒シニアなのに臨床心理士になりたいと思い立って放送大学生になりました。

初めての放送大学単位認定試験「初歩のアラビア語(’11)」を受けてきた。

放送大学 アラビア語

f:id:sirocco:20160726092156j:plain

目次

初めての放送大学単位認定試験

7月26日(火) 16:45~17:35。初めての放送大学単位認定試験を受けてきました。

科目は「初歩のアラビア語(’11)」。

7月7日に届いた時間割で印刷教材・ノートの持ち込みが可能であることを知りました。それなら試験の難易度は高いのでしょう。のんびりと写経をしている場合ではありません。

通信指導問題のときに提出する必要がなかった自習型問題、単位認定試験の過去問題を解いてみました。難易度が高くて印刷教材を調べてもなかなか大変でした。

さて、本日が単位認定試験。場所は千葉学習センター第7講義室。第8講義室が控室として開放されていました。

定刻の少し前に試験の説明開始。「印刷教材・ノートの持ち込みが可能だが、それには過去問題も含まれるのか?」と質問。回答は「過去問題は教材の中に含まれる」とのことでした。

試験の出来はどうだったのか。難しいと考えていたので全力を注いでました。たぶん、勘違いがなければ余裕でパス。

試験会場に行く方法に迷った

自宅から試験会場の千葉学習センターまでは3キロちょっと。試験会場が遠くて大変な方から比べれば近いのですが、最寄り駅の新検見川から千葉学習センターのある海浜幕張へ行くのはなかなか不便なのです。

千葉から東京へ通勤するのは便利です。JRならば総武線と京葉線、京成電鉄では京成本線・京成千葉線と東西に3本の電車が走っています。

ところが、 新検見川から海浜幕張へ南北の移動となるととても不便なのです。

  • 新検見川からバスで検見川浜へ行き、そこから京葉線で海浜幕張
  • 新検見川駅から総武線で幕張本郷。そこから京成の連結バスで海浜幕張

雨が降らなければ自転車にしようと考えていたのですが、結局、車で行ってきました。

この辺は車がないと不便です。

海浜幕張に行くのに不便な理由

海浜幕張は1970年代後半の東京湾埋め立てによって開発された新都心です。(参考:Wikipedia「幕張新都心」)

  • 1985年 放送大学開学
  • 1986年 海浜幕張駅開業。
  • 1989年 幕張メッセオープン。
  • 1990年 JR京葉線全線開業。
  • 1991年 ワールドビジネスガーデン(WBG)完成。

1995年~1999年の5年間、WBGで働き、それが縁で現在の住居に住んでいますが、その当時の幕張は映画館もなければ、カルフール(現イオン)、QVC、イオンモールもありませんでした。

まだ、新しい街なのです。

 千葉からは放射線状に鉄道が広がり、モノレールもありますが、海浜幕張はそうはなっていないのです。

話が横にそれました

初めての放送大学単位認定試験「初歩のアラビア語(’11)」を受けてきました。

出来は上々。

7月28日(木) 9:15~10:5は「日本語リテラシー(’16)」の単位認定試験。こちらに備えます。