シロッコ手習鑑

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロッコ手習鑑

高卒シニアなのに臨床心理士になりたいと思い立って放送大学生になりました。

指揮者って何をしているの? 岡部放送大学学長が書いた「指揮法」が面白い

放送大学 音楽

f:id:sirocco:20160214030131p:plain

かわいいフリー素材 いらすとや」さんより。

目次

岡部放送大学学長が書いたPDF「指揮法」をみつけた

2016年4月から放送大学に入学して学習することにしています。そこで放送大学にはどんな先生がいて、何を教えているのか、興味があって放送大学のサイトを覗き回ったり、学長のツイッターをフォローしたりしています。

 

twitter.com

そこで見つけたのが岡部学長の個人ページ。

 岡部学長は工学者ですから、電子工学関係の文書が多いのですが、「指揮法」や「複式簿記」、「登山・ハイキングの科学」、「スキーの科学とボードの科学」など、本職顔負けの本格的な趣味に関するドキュメントがあって、面白いです。

今回は、「指揮法」を読んだというか、パラパラ。なんとなく分かっているようで分からない「指揮」。指揮者は何をしているのかのイメージはつかめました。

指揮とは演奏に合せて指揮棒を振ることではない 

第1章の「はじめに」に指揮者が何をしているかが書かれていますので、拾ってみます。

  • 曲のピッチ (速度) を決める。
  • 始まるタイミング、終わるタイミング。
  • フレージングといって、曲の塊を示す。
  • 強弱、staccart、legato、あるいは cantabile、resolute などの各種曲想を指示する。
  • 作曲家がどのようなイメージを伝えたかったかったかを指揮者が想像し、それに可能な限り近付けた曲を再現する。
  • 悲しいのか楽しいのかといった曲全体のムードなどを聴衆に伝える。

これだけ読んでも指揮者が大変なことが分かった。合唱なら各パートごとに指示をすればいいでしょうけれど、オーケストラのように多くの楽器を指示するのは大変なことだ。

クラシックのレコードを聴いて、心地よくて指揮者の真似事をして腕を振ったことがあるが、全く逆なのです。

具体的にはどんなことをしているのかは、「指揮法」の本文をみると書いてあります。

まとめ

岡部放送大学学長が書いたPDF「指揮法」を見つけました。 

第1章の「はじめに」を読むだけでも、指揮者が何をしているかが分かり面白かったです。

試しに、何人かの指揮者が同じ曲を指揮したのを聞いたのですが、指揮の違いより音質の違いが気になりました。年代も違いますし、録音状況が違うからでしょうか。