シロッコ手習鑑

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロッコ手習鑑

高卒シニアなのに臨床心理士になりたいと思い立って放送大学生になりました。

RAID 1は大切なデータを守ってくれたが、交換する非AFTのHDDが高価だった

PC

目次

PCが起動しない

夕べ、PCが起動しなくなりました。

最初は起動画面が表示され、ログインが出来ました。しかし、画面が真っ暗になったまま何の反応もありません。

HDDのアクセスランプを観察すると、チカチカとしてしばらく何の反応もなく、かなり時間が経過してチカチカとその繰り返し。Windowsのアップデートに手間取っているのかとも思いましたが、そうでもなさそうです。あきらめて電源ボタンを長押しして電源断。

再度、電源を投入するとHDDのアクセスランプが転倒したままで、何の反応もありません。電源ボタンを長押しして電源断。

うむ。RAID構成になっているHDDを確認してみることにします。

EPSON Endeavor Pro5000はメンテナンスが非常に簡単です。特徴1 - メンテナンスが非常に簡単)前面の取ってを引くとパカリとHDDを収納しているケースが開きます。

  • HDDを一台引き抜き。一台だけで起動してみました。すると、時間はかかりましたが正常に起動できました。
  • HDDを交換して別のHDDで起動してみます。何処に刺してもNGです。Windowsが起動ドライブがないといいます。

RAID構成になっているHDDの1台が壊れたようです。

f:id:sirocco:20160301044521p:plain

RAID 用のHDDはどれを購入すればよいのか

1TBのHDDを2台使ってRAID1を構成しています。その1台が壊れたのでHDDを交換すればOK。

「ポート:0」も「ポート:1」もSEAGATEの1TBを使用していましたが、交換するHDDは「ポート:0」の容量より同じか、大きければ問題ないはずです。

値段も手ごろなことからSEAGATE の「ST1000DM003/EWN 」を購入することにします。

HDDのセクター数を比較する

新しいHDDが今のよりもセクター数少なくては「ポート:0」のHDDをコピーできません。
同じSEAGATEのHDDです。同じ1TBならセクター数は同じなのではないかと安易に考えていました。念のためチェックしてみます。

  • 新:ST1000DM003 1TB
    トータルセクター:1,953,525,168
    1セクターのバイト数:4096

以前は1セクターのバイト数は512バイトでしたが、新しいHDDにはAdvanced Format Technology が用いられ、セクタサイズが今までの 512バイトから 4096バイトに変わった新しいタイプのハードディスクです。

それでは「ポート:0」に刺さっている古いHDDの1セクターのバイト数はいくつなのか。データを見つけました。

RAIDはセクター単位で読み書きをしますから、1セクターのバイト数が違えばRAID1として動作はできないはず。ST1000DM003をキャンセルして、1セクターのバイト数が 512バイトのHDDをさがすことにしました。

非AFTのHDDは高価だ

AFT(Advanced Format Technology)と非AFTのハードディスクについてはこちらにも解説があります。

ST31000524AS:価格: ¥ 19,800 

ポート:0に 刺さっているHDDです。最初のカスタマーレビューがひかります。

ST31000524ASは7200.12世代で512byte/sector。新しい7200.14世代のST1000DM003は4096byte/sector。古いPCを持っている型は非AFT HDDであるこの製品を購入すべき。

 でも高い!

日立 HGST HDS721010CLA332は 26,980円もする。 

日立 HGST 3.5インチHDD(SerialATA)/容量1.0TB/回転数:7200rpm/キャッシュ:32MB HDS721010CLA332

日立 HGST 3.5インチHDD(SerialATA)/容量1.0TB/回転数:7200rpm/キャッシュ:32MB HDS721010CLA332

 

Western Digital も探しましたが高い・・・Orz 

www.amazon.co.jp

Seagate の ST31000524AS:価格: ¥ 19,800を発注しました。新しいのなら7,000円弱なのに高いですね。

まとめ

RAID構成しているHDDが壊れました。

交換用のHDDを調べたところ、使用していたHDDはセクターのサイズが512バイト。古いタイプの非AFTでした。

今はセクターのサイズが4096バイトのAFTがほとんど。非AFTのHDDはとても高価ですが、発注しました。

おまけ

以下のリンクにジオメトリなどHDDについての解説があります。

2016/03/02 「AFT」と「非AFT」のハードディスクの機種一覧があります。HDDを交換するときは、「AFT」なのか「非AFT」なのかを確認して交換すればよいでしょう。

2016/03/02 同じ状況の人を見つけました。

今になって安いのみつけました・・・Orz