シロッコ手習鑑

どうすれば登校拒否や引きこもりをサポートできるのか。高卒シニアなのに放送大学で心理学を学び始めました

単位認定試験は印刷教材、ノートの持ち込みが可能なんですって・「初歩のアラビア語(’11)」

f:id:sirocco:20160708020857p:plain

(「かわいいフリー素材 いらすとや」さんより)

目次

放送大学「初歩のアラビア語」の進捗状況

4月1日から放送大学の学生になり、「日本語リテラシー(’16)」、「初歩のアラビア語(’11)」を学習しています。

「初歩のアラビア語」は難易度が高そうなことから、先に「日本語リテラシー」の学習を終了させ、単位認定試験までの残り期間を「初歩のアラビア語」に振り向けることにしていました。

「日本語リテラシー」の動画授業の視聴、印刷教材を読み終えたのが5月6日。5月7日から「初歩のアラビア語」の動画視聴を始めました。しかし、「日本語リテラシー」のように1回に1本の動画を見終えることが出来ません。全てのことが初めて学習することですから、理解する能力が追い付かないのです。

それで、最初は1本の授業を3回くらいに分けて見ていました。そして、最初に取り組んだのがアラビア語アルファベットを暗記すること。

アルファベットを覚えると、動画を見るのも随分と楽になります。

動画の授業は15回あります。10回目あたりからは一気に1本の番組を見終えることが出来るようになりました。

動画を見終えたの7月3日。しかし、記憶に残っているフレーズが少しはあるものの、フレーズと意味がマッチしなかったで単位認定試験どころではありません。

そこで始めたのが写経です。基本フレーズや練習問題をゴリゴリと書き写します。語学は理屈ではありませんから、身体で覚えるしかないのです。

アラビア語の文字は同じ文字でも書かれる位置によって、次の4種類に形が変ります。

  • 単独で書かれたときの独立形
  • 切れ目の先頭になったときの頭形
  • 連続した文字の中にあるときの中形
  • 切れ目の末尾になったときの尾形

ちょっと見ると、文字の区別が大変なように見えます。英語の筆記体でいうとmやn、w、v、u のような文字がウネウネと連続している見えてしまいます。しかし、見分けるのはコツがあります。

  • 英語の i の筆記体のように山の上に点が一個あるのはヌーン
  • それが長くて左に傾いていればザール
  • 上に点が二つはター
  • 上に点が三つはシーン

と、こんな感じに区別がつきます。

母音の発音を示す記号もありますから、初めての単語でもそれっぽく読めるように感じです。普段は母音を省略して、必要なときはフリガナのような母音記号で補助するというアラビア文字のシステムは素晴らしいものだと感じました。

放送大学のネット動画による授業も気に入りました。私は朝方が集中できます。動画を視聴する時間が全く自由なこと。学ぶ科目の進め方も自由です。私が学ぶのにはこれが最適の方法だと感じました。

f:id:sirocco:20160708114848j:plain

 「初歩のアラビア語」の単位認定試験は印刷教材・ノートを持ち込める

昨日、単位認定試験の受験票が届き、単位認定試験の時間割が同封されていました。

  • 「初歩のアラビア語(’11)」
    単位認定試験:平成28年7月26日(火曜) 16時45分~17時35分
    試験形式:択一
    持ち込み許可物品:印刷教材・ノート
  • 「日本語リテラシー(’16)」
    単位認定試験日 2016年07月28日(木) 9時15分~10時05分
    試験形式:択一
    持ち込み許可物品:印刷教材・ノート

うーむ・・・「日本語リテラシー(’16)」も「初歩のアラビア語(’11)」も持ち込み許可物品に「印刷教材・ノート」の記述があります。

これを見たときのツイートが以下。

私が「初歩のアラビア語」の動画を見終えたときの感想は、「15回でこれ全部をマスターするのは無理とは言わないまでも、かなり大変なことだ」というものです。しかし、それだからと言って、語学学習が印刷教材・ノートの持ち込みを許可するとはどうなんでしょうか・・・ちょっと、学習意欲が落ちてしまいました。

「初歩のアラビア語(’11)」を選択したのは幸運だった?

同じ放送大学の語学でも、英語も韓国語も中国語もドイツ語も、単位認定試験に印刷教材・ノートを持ち込んでよいなんていう語学はありません。「初歩のアラビア語」は単位認定をパスしやすいのでしょうか。

過去の単位認定試験の平均点数を比べてみます。

単位の認定基準」には60点以上の評価がないと単位認定されないと書いてあります。「ドイツ語Ⅱ('15)」の平成27年度 第1学期の平均が76.9点だった以外は、65~70点の科目が多く、単位を認定されなかった学生もかなりいたと思えるような点数です。

ところが、「初歩のアラビア語(’11)」は平成27年度 第1学期が80.5点、平成27年度 第2学期が74.6点と語学の中ではダントツ。逆に「印刷教材、ノートを持ち込んでも、満点にならないなんてどうかしていない?」と思うほどです。

「初歩のアラビア語(’11)」を選択したのは幸運だったのか、と言われると複雑なところです。学習意欲と緊張感はかなり落ちてしまいましたが、印刷教材の基本フレーズ、練習問題の写経は試験直前まで続けるつもりです。