シロッコ手習鑑

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロッコ手習鑑

高卒シニアなのに臨床心理士になりたいと思い立って放送大学生になりました。

「論じなさい」ってどういうこと? 今回の通信指導問題は「〇〇について論じなさい」という問題です。

目次

初めての論述式通信指導問題

放送大学の通信指導問題を提出する時期です。その〆切が11月30日。〆切に間に合わないと単位認定試験を受けることができなくなってしまいます。

今のところ、通信指導の問題には、次の3種類あるのが分かりました。

  • 選択式
    1学期に履修した科目の通信指導問題は「〇〇について述べた次の4つの文から、適切(不適切)なものを選べ」のような選択式の問題でした。
    提出方法は、Webから回答可能なものとマークシートを郵送するものの2種類がありました。
  • 選択式と記述式
    「科学的探究の方法('11)」は、まず選択し、その選択した理由を説明する方法です。
    回答は指定された様式でWrodで書いたものを印刷して貼り付けて郵送しました。
  • 論述式
    「国際理解のために('13)」が「〇〇について論じなさい」という問題です。

初めての論述式です。「〇〇」についてテキストから拾い出して説明するだけなら簡単ですが、それでは論じたことになりません。

「論じなさい」という設問にはどう回答すれば良いのか調べてみました。

「説明しなさい」「論じなさい」「考察しなさい」

「説明」と「考察」は調べなくてもなんとなくイメージが浮かびますが、「論じる」がピンときません。この三つの違いについて説明しているブログがありました。

慶應ですが、同じ「はてな」の方です。頑張っていますね。

一部孫引きさせていただきます。

ロ.『〇〇について論じなさい』の場合

「論ずる」の意味する所は、(『広辞苑(第5版)』岩波書店)によれば、①事理を説明する。また、物事の是非をただす。②言い争う。議論する。あげつらう。③とりたてて問題とする、となっている。

レポートの場合は、①であろうが、特定の論点(issue)を巡っての”ああでもない、こうでもない”は、②も含むようである。

ここで重要なことは、「論ずる以上、予め何らかの結論が想定されている」ことであり、レポートではそうした結論を導くための議論を展開することになる。

『レポート・卒論のテーマの決め方』より

他にも次のようなものが見つかりました。 

「この1冊できちんと書ける! 論文・レポートの基本」

私が読んだ本からも参考になる部分を紹介してみます。

■表1 小論文・レポート・論文の違い 

 時期目的問いウソオリジナリティ
小論文 高校 試験に合格 与えられる ある程度許容 不要
レポート 大学 理解を報告 与えられる 認められない 必須ではない
論文 大学・大学院 発見を論証 自分で立てる 認められない 必須

 

 

  

レポートの目的は「理解を報告」するものであって、論文の「発見を論証」するものとは違いますが、この本の目的は論文・レポートの作法書。レポートも論文も、論点があり、結論を導くための議論を展開するのは同じだと理解してよいでしょう。

この1冊できちんと書ける!  論文・レポートの基本

この1冊できちんと書ける! 論文・レポートの基本

 

「レポート・論文の書き方入門」

もう一冊。

この本には「レポートとは何か?」という章があり、次のように紹介されています。

それでは、大学の「レポート」とは何でしょうか。本書では、レポートも上述した論文の一形態であり、基本的な定義および要件は一切変わらないものと定義します。つまり、レポートは出題者によってテーマあるいは問題が定められた(小)論文のことです。

そして、 レポート・論文を書くための練習方法として「テキスト批評」が紹介されています。「テキスト批評」とは、テキストの批判的解読を通し、自分なりのテーマと問題を提起して、議論する仕方を学ぶ方法です。

フォーマットも詳しく紹介されています。分量だけ紹介すると以下のような感じです。 

  • 目的
  • 要約 30~40%
  • 問題の提起 10~20%
  • 議論 30~40%
  • まとめ 10~20%

型があるのは作文苦手の私には助かります。

詳しくはこの本を読んでください。100ページくらいの薄い本で簡単に読めます。分かり易くてオススメです。

レポート・論文の書き方入門

レポート・論文の書き方入門

 

まとめ

今回の放送大学通信指導問題に「〇〇について論じなさい」という論述の問題がありました。

「〇〇について論じなさい」という問題の回答は、どんな書き方をすれば良いものか。よくわからないので調べてみました。

「論じなさい」と言うのですから、論点をみつけて結論を導くための議論を展開しなければならないようです。

今回の通信指導問題は難易度が高そう。

さて、調べて書く作業に入ります。

おまけ

検索しているうちに見つかった本。

Googleのプレビュー「だれも教えなかった レポート・論文書き分け術」が面白そうでしたので発注しました。

だれも教えなかった レポート・論文書き分け術

だれも教えなかった レポート・論文書き分け術

 

買ったけど積ん読になっている本。

論文作法─調査・研究・執筆の技術と手順─ (教養諸学シリーズ)

論文作法─調査・研究・執筆の技術と手順─ (教養諸学シリーズ)

 

こちらもオススメ

sirocco.hatenablog.com

sirocco.hatenablog.com

sirocco.hatenablog.com