シロッコ手習鑑

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロッコ手習鑑

高卒シニアなのに臨床心理士になりたいと思い立って放送大学生になりました。

「邦画はクソ!」というあなたに見て欲しい日本映画黄金期の名作

映画
七人の侍 [Blu-ray]

七人の侍 [Blu-ray]

 

目次

「邦画はクソ!」というというあなたに

 TOHOシネマズ 「午前10時の映画祭」で上映されている黒沢明監督の「七人の侍」を見ました。この映画は邦画の黄金時代の名作です。そのことから感想を書くのに邦画について調べようとGoogle検索窓に「邦画」と入力しました。すると、なんと「邦画はクソ」とか「邦画 つまらない」と表示されるではないですか。

うーん、その検索結果のひとつ、「 邦画がクソな理由 - ( ^ω^)くろ速!」を開いてみます。

  • 糞真面目に作りすぎて退屈 そのくせ映像が安っぽい
  • 予算と使い道
  • まずセット臭半端ない
  • アクション映画が少ない

なるほど、言えてるかも知れません。まず、映画 は娯楽ですものね。

邦画の公開本数から日本映画黄金期を考える

でも、それは現在公開されている映画だけを見ているからかも知れません。

TV放送が始まったのが1953年。徐々にその影響が出てきます。1950、60年代が映画の公開本数、入場者からみて日本映画の黄金時代だったというのが分かると思います。

世界の評価から日本映画黄金期を考える

映画雑誌「サイト&サウンド」は世界で最も信頼性が高く、権威があると言われています。*1

その雑誌に英国映画協会(BFI:British Film Institute)が10年に一度行っているオールタイムベストの投票結果が掲載されています。世界の映画監督、評論家がトップ100を選んでいるのです。

投票者リスト「All voters」が公開されていますから、誰がどの作品に投票したのかが分かります。とてもオープンなシステムで結果に信頼感があります。

日本人の投票者

日本から投票に参加している人を「Japan」の表記を目印に拾い出してみました。

BFIへのリンクを貼り付けましたので、名前をクリックすると投票した作品が分かります。

  1. Okajima Hisashi
  2. Sam Ho
  3. Isamu Hirabayashi
  4. Shinozaki Makoto
  5. Ken'ichi (Ken) Okubo
  6. Tadao Sato 
  7. Sion Sono
  8. Akira Tochigi
  9. Tomoyo Kawai
  10. Udagawa Koyo
  11. Yoshio Yasui

投票結果は次のとおりです。

1950年代の映画が評価されているのが分かります。溝口健二監督の作品は見ていません。機会があれば大きなスクリーンで見たいものです。

まとめ

黒沢明監督の「七人の侍」の感想を書こうとして、「邦画」について検索しようとすると、「邦画はクソ」とか「邦画 つまらない」と表示されました。

えっ? 日本映画黄金期の名作を見ないで言っているんじゃないの? と思いました。

映画や小説は古典と競争しなければならない宿命があります。 

面白いという保証のない現代映画をみるなら映画黄金期の名作を見るのをオススメします。

ということで、「デスノート」、「君の名は。」、「永い言い訳」、「怒り」、「聲の形」、「ジェイソン・ボーン」、「SCOOP!」、「シン・ゴジラ」、「ハドソン川の奇跡」などが公開されているのですが、 TOHOシネマズ 「午前10時の映画祭」の「七人の侍」を見てきました。

 

こちらもオススメ

sirocco.hatenablog.com

sirocco.hatenablog.com

sirocco.hatenablog.com

sirocco.hatenablog.com