シロッコ手習鑑

高卒シニアなのに臨床心理士になりたいと思い立って放送大学生になりました。

知ってました?1752年9月2日の次の日は9月14日だった(雑学)

f:id:sirocco:20170301044523p:plain

イラストACさんより)

グレゴリオ暦の閏年

3月1日になりました。先月は2月でしたので28日しかありませんでした。

2月が29日ある年がありますね、閏年だからです。

地球は太陽を一周するのが365日ぴったりではありません。そこで季節と日付を合わせるために作られたのが閏年です。

グレゴリオ暦
ユリウス暦では春分日がずれる問題を解決するため、ローマ教皇・グレゴリウス13世は、当時を代表する学者たちを招集して委員会を作り、暦の研究を行わせた。こうして1582年、グレゴリオ暦が制定された。グレゴリオ暦はその後数百年かけて各国で採用され、現在に至っている。
グレゴリオ暦では、次の規則に従って400年間に97回の閏年を設ける。

  1. 西暦年が4で割り切れる年は閏年。
  2. ただし、西暦年が100で割り切れる年は平年。
  3. ただし、西暦年が400で割り切れる年は閏年。

(Wikipedia「閏年・グレゴリオ暦」より)

それにしても、なんで2月だけ短いんでしょう。2月も30日にして、31日の月を少なくすればいいのに・・・。検索してみると、国立天文台にその説明が記載されていました。

質問3-8)どうして2月だけ28日しかなくて、日数が変わるの?

最初に結論を書きますと、2月だけ28日しかないのも、うるう年に日数が変わるのも、どちらも古代ローマで使われていた暦において、現在の2月にあたる月が1年の終わりの月だったためです。
(略)
また、ヌマ暦で日数が29日だった月は、ユリウス暦では日数が30日か31日に変更になりました。しかし、Februariusは日数を増やされず、ヌマ暦と同じ28日のままになりました。これは、Februariusには宗教的な意味合いの強い祭礼が多くあったため、混乱を避けるために日数の変更を避けたためと考えられています。こうして、それぞれの月の日数が現在と同じになりました。

 (国立天文台「よくある質問 」より。赤字強調は引用者による) 

国立天文台には別の説が記載されていたことがあったようです。

皇帝アウグストゥスが自分の名前をつけた8月が30日しかなかったのか気に入らず、1日増やすために、2月の日数を1日削ったという説が引用され、リンクのあるサイトもありました。現在は削除されています。

皇帝アウグストゥスの気まぐれで2月だけ短い。この方がドラマチックで面白いんですけどもそうではないようです。

1752年9月は 19日しかなかった

2月が28日しかないのは宗教的な行事の都合だそうですが、19日しかない月もありました。

それは1752年9月です。

Linuxのカレンダーコマンドを打つとこんな感じになります。 

$ cal 9 1752
   September 1752
 S  M Tu  W Th  F  S
       1  2 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

これを知ったのはオープンソースのデータベース管理システム・PostgreSQL のマニュアルを見ているときです。

そのころは「トリビアの泉」という番組があって情報を募集していました。これは面白いんじゃないかと思って、Webからメールを出したんですが、採用されませんでした・・・Orz

1582年2月の教皇勅書は、1582年の10月から10日間除外することを命じ、したがって10月4日の翌日を10月15日としました。 この慣行はイタリア、ポーランド、ポルトガル、スペインで遵守されました。 他のカトリックの国々もすぐ後に追従しましたが、プロテスタントの国々は変更を嫌がり、ギリシャ正教を信奉する国々は20世紀の初めまで変更を行いませんでした。 1752年に大英帝国とその自治領(現在のアメリカ合衆国を含む)でもその改革は行われました。 したがって、1752年9月2日の次は1752年9月14日となっています。 このような理由から、Unixシステムでcalプログラムを実行すると、下記のような結果になります。

(「PostgreSQL 9.6.1文書 B.4. 単位の歴史」・強調は引用者による)

なんか、びっくりですよね、1月が19日しかないなんて。月給の人はすぐに給料を貰えたんでしょうか。

おまけ

春分の、秋分の日について計算したことがあります。

d.hatena.ne.jp

春と秋なので、「春分日から秋分日まで」と、「秋分日から春分日まで」は同じかと思ったのですが、違うのですね。

  • 春分日から秋分日まで・・・186日
  • 秋分日から春分日まで・・・179日

なぜ、違うのか。それは地球の太陽を回る軌道が楕円だからです。

以下の解説が分かりやすいです。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp