シロッコ手習鑑

高卒シニアが放送大学の心理と教育コースで学んでいます。人間と文化コースにも興味があります。学んだことを基に自分の考えを組み立てて伝えていきたい。

災害停電時のスマホ充電は車のバッテリーから・USB 車載充電器はどれがいい?

目次

災害停電時はスマートフォンが頼り

9月6日、北海道で震度7の地震があり、大きな被害がありました。

そのときに気づいたのは、情報の大切さでした。テレビでは災害の程度や今後の対策を放送しているのに、北海道では全域が停電で情報が必要な人にはそれが届かないという矛盾がありました。

その中で、活躍したのがスマートフォンでした。災害停電時でもスマートフォンで情報が入手できそうなところはこんなにもあるのです。

しかし、スマートフォンをネットに接続し続ければ、1日もバッテリーが持ちません。

北海道地震のときは充電するための電源を提供したところが大人気でした。スマートフォンのバッテリーを充電するために、停電から回復した駅や公共施設に押し掛けたのです。

災害で停電した時のスマホ充電はどうするのか。

車のバッテリーなら電源として使えそうです。しかし、私の車にはUSB 充電端子がついていません。

そこで、災害時のために USB 車載充電器の購入を検討することにしました。

USB 車載充電器にどんな機能を求めるか

ホームセンターに行ったときに小さな USB 車載充電器を探しましたが、ありませんでした。あったのは形の大きなカーインバーター。それには AC100V電源のコンセントがふたつ、さらに USBの電源端子がふたつあり、AC100V電源は150W程度から1500W程度といろいろなのです。

こんなものもあるのか・・・。このカーインバーターを買おうか、小さな USB 車載充電器でいいのか。そもそも、災害停電時にはAC100V電源は必要なのかどうか、迷った末に購入しませんでした。

この記事を書こうと思ったのは、購入するのはいろんな車載充電器を調べてからにしようと思ったからです。そして、共有すれば誰かの役にたつかも知れません。

USB 車載充電器を分類すると次のように分けることが出来ます。

  • USB 充電端子専用・・・(1)
  • USB 充電端子と交流100Vのコンセントがある
    矩形波交流、55Hz・・・(2)
    正弦波交流、50Hz・60Hz切り替え・・・(3)

(2)矩形波交流(3)正弦波交流のタイプは出力電力によって値段も変ります。

次にそれぞれの代表する機種を紹介してみます。

(1)USB 充電端子専用タイプ

価格は1000円程度。USB の充電端子専用の車載充電器の代表が下のAnker PowerDrive 2です。

  • 価格 1,099 円
  • 1ポート最大2.4A、合計最大4.8Aの出力
  • DC 12 / 24V入力
  • 電源入力方式:シガーソケット
  • 1,350件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング 
    アクセサリ・サプライ > 携帯電話アクセサリ > 車載用品・・・1位
    アクセサリ・サプライ > 携帯電話アクセサリ > 充電器・チャージャー > シガーソケットチャージャー・・・1位

USB給電能力

供給電圧は5 V (±10%)、電流はローパワーデバイスは100 mA(USB 3.xは150 mA)、ハイパワーデバイス最大は500 mA (USB 2.0)・900 mA (USB 3.0) までとされている。

(Wikipedia「ユニバーサル・シリアル・バス 」より) 

USB 3.0でも 900 mA ですから、1ポート最大2.4A、合計最大4.8Aはかなり急速に充電できると思われます。

DC 12 / 24V入力

あなたの車のバッテリーは何ボルトだか知っていますか?

車のバッテリーに使われている鉛蓄電池は、ひとつのセルが2Vの電圧があり、それを6個直列のつないで1個のバッテリーで12V。バッテリー2個で24Vです。

一般の乗用車はバッテリー1個で12V、バス、トラックなどはの2個搭載されていて24Vです。

そのどちらにも使えるということです。

(2)USB 2ポート・矩形波・55Hzタイプ

出力120Wタイプ(2,180円)から出力1500W(9,998円)などいろいろあります。

  • 価格 3,180 円
  • 定格出力:300W 最大出力:350W 瞬間最大出力:700W
  • 交換効率:85%以上
  • 入力電圧:DC12V
  • 電源入力方式:シガーソケット
  • AC出力:AC100V 55Hz(50Hz・60Hz表示機器使用)
  • 出力波形:矩形波
  • DC出力:1ポート最大2.4A、合計最大4.8A
  • 227件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング
    車&バイク > カーアクセサリ > インバーター・コンバーター・・・1位

入力電圧はDC12V専用

交流100Vが使える

矩形波ですので、電子レンジ、冷蔵庫、扇風機など使用できないものがあります。

55Hz(50Hz・60Hz表示機器使用) 

50Hz・60Hz表示機器使用の意味が分からないのですが、日本は50Hzと60Hzの地域に分かれています。どちらでも使えるように55Hzにしたのでしょうか。

150Wを超える機器を使用するときは、バッテリー接続クリップを使う。

(3)USB 2ポート・正弦波50Hz・60Hz切り替えタイプ 

出力120Wタイプ(7,432円)から出力3500W( 39,380円)までいろいろあります。

大橋産業(BAL) 3WAY正弦波インバーター 400W No1787

大橋産業(BAL) 3WAY正弦波インバーター 400W No1787

 
  • 価格  8,000 円
  • 入力電圧:DC12V
  • 電源入力方式:バッテリー接続
  • 出力電圧:AC100V / DC12V / DC5V
  • 50Hz/60Hz 切り替えスイッチ
  • 定格出力:400W 最大出力:450W 瞬間最大出力:800W
  • 正弦波なのであらゆる家電製品が使える。
  • 107件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング
    車&バイク > カーアクセサリ > インバーター・コンバーター・・・23位

正弦波の交流が供給できて万能ですが、供給可能電力からすると高価です。

電源入力方式がバッテリー接続だけですから、注意が必要です。

こちらにこの機種のバッテリー接続に関するQ&Aがあり、7件の回答があります。

120Wタイプは電源入力方式が「アクセサリープラグ接続」と判明しました。しかし、価格が7,820円と400Wタイプと同じ程度で割高です。  

大橋産業(BAL) 3WAY正弦波インバーター 120W No1785

大橋産業(BAL) 3WAY正弦波インバーター 120W No1785

 

どれを購入するか

さて、どれを購入しましょうか。

価格は USB 充電端子専用 < 矩形波、55Hz < 正弦波、50Hz・60Hz切り替え。

災害時に交流も使えるなら、便利なことは間違いありません。

(3)の USB 2ポート・正弦波50Hz・60Hz切り替えタイプは電源入力方式がバッテリー接続だけが問題です。 これは調べていて最後に気が付きました。

120Wタイプを確認すると、「アクセサリープラグ接続」ですが、価格が7,820円と400Wタイプと同じ程度で割高割です。120Wの家電で使うものはあるのか・・・悩みましたけれど、除外することにします。

うーん。残りふたつ。悩みは続きます・・・。キャンプなどをする人は交流が使えれば便利でしょう。しかし、普段私はは車の中で交流を使いたいとは思いません。

これだけ書いておいて、最初の一番シンプルで安い「(1)USB 充電端子専用」を購入することにしました。

災害停電時はもちろん、車での旅に出かけたときも安心です。

旅の話になるとデジカメのバッテリー充電はどうする? そんな私の別の声もありますが、バッテリーを二つ持って行けばよいので却下。