シロッコ手習鑑

高卒シニアが放送大学の心理と教育コースで学んでいます。人間と文化コースにも興味があります。学んだことを基に自分の考えを組み立てて伝えていきたい。

話がよくわからない映画はダメな映画か『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』

映画 ミッション インポッシブル フォールアウト 映画 ポスター 42x30cm MISSION:IMPOSSIBLE - FALLOUT 2018 JJエイブラムス トム クルーズ サイモン ペッグ ヴィング レイムス レベッカ ファーガソン [並行輸入品]

目次

話がよくわからない映画はダメな映画か

さて、久しぶりに『ミッション:インポッシブル』を見ようか。

その前に、Yahoo!映画 のユーザーレビューをチェック。そうしましたら、「話がよくわからなかった」というコメントがありました。

アクションシーンが多すぎて、ストーリーがよく呑み込めないというのです。また、逆のコメントもありました。

これは私も感じたことがあります。このシリーズは6作目ですが、そのうち2作を観ています。4作目は2作目よりもアクションが増えて、中盤ころからストーリーがよく分からなかった記憶があります。

話がよくわからない映画はダメな映画なのでしょうか。

それを確認すべく、見てきました。 

どんなストーリーなのか

メインのストーリーは単純です。盗まれた3つのプルトニウム爆弾の爆発を阻止し、回収する。だけれども、細かいストーリーはよく分からなのです。

誰が敵で、誰が味方なのか。変装があったり、謎の女が出て来たりで、混乱します。最後には自分のところのボスの指令まで無視します。

公式サイトでキャストを確認してから行った方が無難です(笑)

  • CAST|映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』公式サイト
    トム・クルーズ as イーサン・ハント
    IT&ガジェット担当 / サイモン・ペッグ as ベンジー
    ハッキング担当 / ヴィング・レイムス as ルーサー
    IMF長官 / アレック・ボールドウィン as アラン・ハンリー
    CIA長官 / アンジェラ・バセット as エリカ・スローン
    確実な味方はこの四人。

警察の女性に狙われたのに逆にその女性を助けたり、スパイの女性に命を狙われたり、混乱するエピソードが登場します。

まず、確実な味方を把握しましょう。

何を期待して映画館にいくのか

最初に『ミッション:インポッシブル』を見に行ったのは、子どものころにテレビで観た「スパイ大作戦 」を期待してのことでした。 

スパイ大作戦 シーズン1<トク選BOX> [DVD]

スパイ大作戦 シーズン1<トク選BOX> [DVD]

 

テープを再生すると 「おはようブリックスくん」から始まる。指令が告げられると、最後に「なお、このテープは自動的に消滅する」の音声と共に煙が出てテープが消えるシーンはお決まりで、『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』にも登場していました。

私が好きだったのは黒人のエンジニア。特殊な装置を作ったり、仕掛けたり、ワクワクしなが観ていました。

f:id:sirocco:20180927225512j:plain

 (Wikipedia「Mission: Impossible」より)

映画「スティング」はイカサマを使ってギャングに復讐する話ですが、このテレビドラマもイカサマで相手を騙して、目的を達成する爽快感にありました。 

ところが、最初に観に行った『M:i:II』はイカサマで相手をやっつける話ではなくてがっかりしました。テーマ音楽は同じでもアクション映画に変っていたからです。

一方、その『スパイ大作戦』をトム・クルーズ主演でリメイクした映画『ミッション:インポッシブル』には批判的で、試写会の途中で怒りを覚えて退席、記者に「この映画は嫌いだ」とコメントした。なお、この作品については『スパイ大作戦』にリーダーのジム・フェルプス役で出演したピーター・グレイブスや、ローラン・ハンド役で出演したマーティン・ランドーも批判的だった。

 (Wikipedia「グレッグ・モリス」より)

4作目の『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』を観ると、映画の中盤ころからストーリーが分からなくなってしまいます。それでも楽しめたので、これもありなのかと思っていました。

6作目はさらにストーリーが分からなくなっていました。

渡辺守章は『舞台芸術の現在  』で、演技には今ここで行われているように「再現・代行する」演技と「直接的・身体技」演技があると言っています。

  • 再現・代行
    俳優が舞台で登場人物になって物語を生きる。
  • 直接的・身体技
    ショー的要素の多いもの。ダンス、曲芸、サーカスのようなもの。

宝塚や演歌歌手のショー、大衆演劇 は1部に芝居があって、2部に歌謡ショー、踊りがあります。それに対して、ミュージカル映画やアクション映画は「再現・代行」演技と「直接的・身体技」演技が入り混じっていると考えてよいでしょう。

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は「直接的・身体技」の多い映画です。アクションをたっぷり見せます。

上映時間は2時間45分。長いです。

サーカス的アクションが多く、 「再現・代行」が少なくて話がよくわからないかもしれない。しかし、それを覚悟でサーカス的見世物のシーンを増やしたのですね。

こんな時にも涙って出るんでしたっけ 

アクションとスリルは素晴らしいものがあります。クライマックスに起きる危機は「こんなのありかよ!」の連発で、笑ってしまいたくなり、涙が出ていました。

あれ、こんな時にも涙って出るんでしたっけ。

トムクルースがビルからビルへとジャンプするシーンの撮影中に骨折したというニュースがありました。そのシーンがそのまま使われています。なんという役者根性でしょう。

youtu.be

(13秒あたりからジャンプが始まるが、失敗しビルに激突。痛そうにビルを這い上がる。走っているシーンにそのままつながっている。) 

逆走する車の中を高速にバイクで走るスタント、ヘリコプターの荷物にぶら下がり、操縦席に侵入、ヘリコプターとのドッグファイト、航空機からのダイビング中に仲間が気絶。

トイレでの乱闘シーンに登場する東洋人があきれるほど強くて、カッコイイ。

www.youtube.com

トムクルースのサーカスのようなスタント、全速力で走る姿。

ダンダンダン、ダララ♪ ダンダンダン、ダララ♪ ティララー♪ 

大音響のテーマに重なって素晴らしです。