しろっこブログ

高卒シニアが低学歴コンプレックス脱出のため、放送大学の心理と教育コースで学んでいます。通信制大学で学ぼうとする人を応援したい。学んで成功する人が増えれば、私のやる気も燃えるはず。

「除草バイブレーター」ってどうなの? 購入した理由と使ってみた感想

f:id:sirocco:20200914085929j:plain

目次

庭の雑草との戦いが悩ましい

家のまわりに雑草が生えてくるのですが、その草むしりが大変です。

「そんなの除草剤を撒けばいいでしょ!」

そんな声が聞こえてきそうです。ところが、我が家のまわりには野草がいっぱい植えてあり、除草剤を撒いてしまえば、野草まで一緒に枯れてしまうのです。

sirocco.hatenablog.com

手で草むしりをするのが面倒くさくて、雑草がいっぱい生えている。それがいつのも悩みの種でした。

そこで見たのが「QVC」の通販チャンネルです。

あれよあれよと見る間に、雑草を根こそぎ抜いてしまいます。

これは素晴らしい!

でも、用心深い私ですから、そのまま購入することはなく、 「除草バイブレーター」のキーワードで検索しまくります。

そこで見つけたのがメーカの「ムサシ公式チャンネルMUSASHI」です。

www.youtube.com

こちらの「ムサシ充電式除草バイブレーターWE-750をレビュー!根こそぎ雑草を除去できる!」では丁寧に使い方を解説しています。

www.youtube.com

うむ、凄い。これ私の悩みにピッタリです。

購入することに決めました。 

AC式・ハンドルセット・充電式 

アマゾンを見ますと「ムサシ 除草バイブレーター 」には、次の3つのタイプがあります。(価格は2020/09/15現在)

  1. AC式
    価格: ¥4,023 
  2. AC式・ハンドルセット
    セット買い価格: ¥7,804
  3. 充電式
    価格: ¥6,992

私が注文したのは AC式 で、2020年9月12日には「4,024円」でした。1円安くなっています。

さて、なぜ私は AC式にしたのでしょうか。 

  • AC式の方が価格が安い。
  • バッテリーがないから AC式の方が軽いはず。
    AC式:920g(実際に軽量すると901gだった)

    f:id:sirocco:20200914091128j:plain

    充電式:960g
    データを比較しないで購入しましたが、思ったほどの差はありませんでした。
  • バッテリーを充電するのが面倒です。
    連続使用時間 約25分(無負荷の使用時)
    充電時間 約4時間(周囲の温度で変わります)
    25分より長く使いたいときは、4時間かけて充電しなければなりません。
  • 電池には寿命がある。
    電池寿命の目安は充放電回数約250回。
    1年に5回充電するとして、50年。心配なさそうですけど・・・。
  • ケーブルは芝刈りバリカン用のが何本かある。

ハンドルがいらない理由。

  • 家の周りだけでそれほど広くない。
  • 野草・野菜を残して雑草を取りたいので、近づいて丁寧に作業する必要がある。

こんな理由からAC式を購入することにしました。

使ってみた結果

さて、実際に使ってみてどうだったでしょうか。

【砂利に生えた雑草】

家の外付けコンセントからケーブルを引いて電源を確保します。

引っ張るだけでは根っこが残ってまた生えてきそう。鎌で根っこを切りたくても、砂利が邪魔をして鎌を使うことができません。 

Before 

f:id:sirocco:20200914112800j:plain

After

綺麗に除草できました。緑の葉っぱが気になりますが、引き抜いてありますから、枯れてしまうでしょう。

f:id:sirocco:20200914113333j:plain

【自宅の裏】

草くらいむしっておけよ、とお思いでしょうが、面倒なのです。

Before

f:id:sirocco:20200914113454j:plain

After

こんな感じで綺麗になりました。

f:id:sirocco:20200914115820j:plain

【野菜の根本でも】 

義母(93歳)の趣味で、家の周りには野菜や野草が植えてあります。

さといもの根本も綺麗に除草することが出来ました。

f:id:sirocco:20200914135740j:plain

まとめ・使ってみた感想

我が家のまわりには雑草が生え、その草むしりが大変です。除草剤を撒いてしまえば簡単ですがそうはいきません。我が家のまわりには野草が植えてあり、除草剤を撒いてしまえば、一緒に枯れてしまうからです。
そんなとき、「除草バイブレーター」に出会いました。

購入したのはAC式です。

価格が安い・バッテリーを充電するのが面倒・ケーブルは手持ちもものがあるからです。

野草・野菜を残して雑草を取るため、丁寧に作業する必要があります。
とりあえず、ハンドルは購入せず、必要になってから購入することにします。。

価格は「4,024円」でした。

使ってみた感想

これは使えそうです。

作った人は頭がいい! 素晴らしい!

土の柔らかいところはスイスイ簡単に除草できますが、固いところはグッと力を入れて雑草の根本を掘るようなイメージです。ここは力がいります。

バイブレーターですから、持った手に振動が伝わり、気持ちのいいものではありません。

ここで、ハンドルを使えば振動が伝わらないのでは? と気が付きました。

メーカのページにも振動については書いてないようです。

ワクワクして家の周りを除草しました。

こんな楽しい除草は初めてです。(いつまでもは続かないでしょうが)

 

ムサシ 除草バイブレーター WE-700

ムサシ 除草バイブレーター WE-700

  • メディア: Tools & Hardware