シロッコ手習鑑

どうすれば登校拒否や引きこもりをサポートできるのか。高卒シニアなのに放送大学で心理学を学び始めました

古着屋さんで洋服を買うのはあんまり考えなくていいから楽です

f:id:sirocco:20170708053720j:plain

 

目次

何気なく入った「MODE OFF」

市川駅の前に赤い外装のお店がオープンするようだ。大きな「お売りください」の文字が目立っていました。

「あぁ、BOOK・OFFが出来るんだなぁ」と思っていましたら、「MODE OFF」という古着屋さんでした。

入り口付近は女性用の洋服が並んでいますが、奥には男性用が並んでいます。

Tシャツなら、800円くらいから。ポロシャツはもう少し高価ですが、品物を選ぶのも楽でした。

「MODE OFF」ってチェーン店なの? と思って、調べましたら「BOOK・OFF」系列なんですね。

それがきっかけで何度か「MODE OFF」を利用するようになりました。シニア男性が古着屋さんで洋服を買うメリットを書いてみます。

あんまり考えなくていいから楽

本ならば、7、8千円のものでも気しないで購入していましたが、シャツとなると、3、4千円のものでもお金を使うのには躊躇してしまいます。それに、あの洋服を買うときの決断の面倒くささはなんとも言えません。

最近、古着屋さんでシャツを買うようになって、すごく楽です。高価でないですから、いいなと思ったものをパッと見て、パッと買える。

あんまり考えなくていいから楽なんです。

いっぺんに三着くらい気軽に買える

いっぺんに三着くらい買います。「古着」だからという気安さがあるんでしょうか。

でも、調べてみたら、ユニクロあたりで比べても、値段は特別には安くはないかも知れません。

下の写真のシャツだと左から、1200円、800円、1600円、1600円くらい。

f:id:sirocco:20170708094309j:plain

値段以外に、並べ方が雑然としていいるから、好みのものが見つかりやすい、そんな魅力があるような気がします。

ジーンズも古着屋さんで買いたい

ジーンズのポケットが財布の形に穴が空いてきて、義母に「捨てなさい」と言われてしまいました。

f:id:sirocco:20170621080430j:plain

「EDWIN 403 31」。ジーンズはいつも同じものを購入しています。スティーブ・ジョブスやザッカーバーグの真似です。迷って考える必要がないから楽です。 

f:id:sirocco:20170623080004j:plain

ジーンズはウエストのサイズの他に、足の長さの問題があります。古着屋さんで買ったことはありません。みなさん、試着して購入しているのでしょうか。ぴったりのを見つけるのが大変そうです。

幕張の「BOOK・OFF」

幕張の「BOOK・OFF」にも寄るようになりました。イトーヨーカドー前、トイザラスがあったところに「BOOK・OFF」が出来たのです。ここでも、古着を売っています。

放送大学の帰りに寄れますから便利です。

f:id:sirocco:20170628164810j:plain

注意すべきところ

古着屋さんは、あんまり考えないで、パッと見た感じで買えるのがメリット。でも、よく品物をチェックしないと後悔することがあります。

まず、良く見ないで買ったところ、家に帰ってよく見たら黄ばんだところがありました。洗濯しても落ちなくて無駄にしてしまいました。襟があんな色になるなんて、洗濯したことない人だったのか?

それから、「Mだけど、ゆったりしているから大丈夫」と判断したのが間違いのときがありました。面倒臭がって試着しないで買ってしまい、家で着てみたら小さかったことがあります。Lじゃないとダメというのがよく分かりました。

孫にあげて喜ばれましたが、試着をしてサイズを確認するのは重要です。

Tシャツのように肌に直接触れるものは試着しませんが、上に羽織るシャツのようなものは試着した方が間違いありません。