シロッコ手習鑑

高卒シニアが放送大学の心理と教育コースで学んでいます。人間と文化コースにも興味があります。学んだことを基に自分の考えを組み立てて伝えていきたい。

20年も住んでいるのに千葉の定番土産を知らなくて困る

千葉土産 楽花生パイ 8個入

(アマゾン「千葉土産 楽花生パイ 8個入」)

目次

福島から買って来るお土産なら決まっている

前回のブログで帰省するときに立ち寄る行楽地を検討しました。

あとは、隣のおばさんに線香あげるときに、花とお土産くらいは持っていきたいと考えています。実家にもお土産は必要です。でも、「千葉のお土産はこれ」と決まっていなくて、いつも帰省するときになると、あぁ、どうしようと困ってしまいます。

福島から買って来るお土産なら決まっています。

ブランドとして心にしみ渡っています。

福島の定番土産が心にしみ渡っているのはなぜなのかと考えてみると、TVで銘菓のCMをよく見たからだと思い当たります。

「ミルクたっぷりママの味〜♪ ママ、ママ、ママド~ル♪」。

ままどおるのCM。甥っこが「ババ、ババ、ババド~ル♪」なんて、替え歌を作って、母親に叱られてました。

そんなのをいくつも思い浮かべることが出来ます。

千葉の定番土産が思い浮かばない理由

ところが、千葉に住み始めて20年にもなるのに、そんなフレーズはひとつも浮かんできません。TVを見る時間が少なくなったこともありますが、TVで千葉の銘菓CMを見ることがないからです。

それはなぜかというと、福島と千葉ではテレビのシステムが大きく違うのです。

福島のほとんどの地域では、中央の民放を直接視聴することができません。系列局の放送を見ているのです。

  • 日本テレビ系「福島中央テレビ」
  • TBS系「テレビユー福島」
  • フジテレビ系「福島テレビ」
  • テレビ朝日系「福島放送」

これらの地方局は、独自の番組を作ったり、独自のCMも流しますから、福島にいると銘菓のCMをよく見かけたのです。

千葉には「 千葉テレビ」があります。しかし、見る機会はそれほど多くありません。千葉では民放キー局が全部直接視聴できるからです。「 千葉テレビ」では銘菓のCMを流すのでしょうけれども、私が視聴する機会はなかなかありません。だから、私は千葉の定番お土産を知りません。そして、千葉のローカル情報も、春先の房総紹介など、全国ネットで放送するようなことしか知らないのです。

喜ばれそうな千葉土産をリストアップ

いつまでも千葉の定番土産を知らなくては困ります。お土産の人気ランキングとかを参考にして、検討することにします。

まず、千葉の名産品から。

  • 梨|旬鮮図鑑/千葉県

    梨の生産量は千葉県が全国トップです。

    ふなっしー」が話題になりましたが、「船橋市名産」の「梨」をモチーフにしているから、「ふなっしー」なんですよね。 

  • 落花生|旬鮮図鑑/千葉県
    昔、実家に行ったとき、千葉に住んでいる叔父が大きな袋の落花生をお土産にもって来ていました。そのとき、落花生が千葉の名産品だと知りました。
    落花生の7割は千葉県で生産されます。

梨も落花生も千葉県の名産ですが、千葉でなくても日常的に買えてしまって、インパクトが薄いという弱点があります。

千葉の名所といえば、今では「ディズニー・リゾート」ですが、昔からの名所といえば「成田山新勝寺」。その門前町で米穀を扱う米屋が「栗むし羊羹」を作りました。それが「なごみの米屋」です。「成田羊羹資料館」にも行ったことがあります。

 「船橋屋

ショッピングモールに「くず餅」を売っていたので買ったことがあり、その名前を知っていました。放送大学「問題解決の進め方」に8代目社長が出演。文化二年(1805年)の創業だそうです。

www.funabashiya.co.jp

  • 元祖くず餅(くずもち)小箱(1~1.5名様用)760円(税込)
  • 元祖くず餅(くずもち)中箱(2~3名様用)870円(税込)
  • 元祖くず餅(くずもち)大箱(4~5名様用)1,080円(税込)
  • 元祖くず餅(くずもち)特箱(6~7名様用)1,300円(税込)
  • 2017/08/25確認

オランダ家」は千葉県内に多くのお店を出しているお菓子屋さんです。今「店舗情報」の店を数えたら46店舗ありました。ウチの近くにもお店があります。

銚子電鉄の「ぬれ煎餅」。銚子電鉄の経営危機を救ったという話が有名です。

銚子電鉄のものではありませんが、新検見川駅でも売っていたことがありました。パリパリすべき煎餅が濡れている。その違和感から買ったことがありませんでした。

他には、テレビ東京テレビチャンピオンケーキ職人選手権で初の三連覇を成し遂げたル・パティシエ・ヨコヤマの「谷津ロール」が有名だそうです。

鴨川「亀屋本店」の「まるごとびわゼリー」というのもありました。

番外

幕張の海や船橋あたりでは北米大陸から運ばれてきたと思われる「ホンビノス貝」が採れます。本格的な漁も行われ、千葉のスパーではこの貝を販売しています。

全国でも販売しているのでしょうか?

珍しいでしょうから、これもお土産にいいかも知れません。 

まとめ

帰省するときにお土産くらいは持っていきたいと考えていますが、千葉に住み始めて20年にもなるのに千葉の定番土産がよくわかりません。
その原因は何故なのかと考えてみたら、テレビ局システムに違いがあるからではないかと思いつきました。

どんなお土産があるのか拾い出してみまると、「ぴーなっつ最中」、「楽花生パイ」、「千葉ミルフィーユ」あたりが良さそうに感じます。

こうやって、私も少しずつ千葉に対する親しみが増していくんでしょう。