シロッコ手習鑑

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロッコ手習鑑

高卒シニアなのに臨床心理士になりたいと思い立って放送大学生になりました。

急遽、ツアーを探してスリランカに行くと決めたけど心配になったこと

目次

f:id:sirocco:20060118045924j:plain

(Wikipedia「シーギリヤ」より)

4月のロシアって寒くない?

以前は色んなところに出かけていたんですが、最近は出かけることが少なくなりました。

「鎌倉、江の島に行こう」、「高尾山にいこう」、「像の国にいこう」と妻に誘われて近くへの小さな旅。定期的に年に一度ずつの海外旅行と温泉旅行・・・。

一人だと出かける気持ちがなくなってしまいます。でも、一人でも行けばそれなりに楽しいもの。どこかに行きたいと考えてはいました。

 

2月頃、旅行会社から送られたパンフレットに気に入ったツアーがありました。ロシアの世界遺産をめぐる旅です。仕事との調整もうまくいきそうですから、社長に相談してみました。

「4月に1週間くらい休んでも大丈夫ですかね。ロシアに旅行しようと思うんですが・・・」

「いいけど、4月のロシアって寒くない?」

ん?・・・そんなに寒い? 調べてみます。

まだ雪が残って滑りやすい・・・。寒いと荷物の多くなりそうです。同じ日程のもっと暖かい旅先は探しても見つからず、断念しました。

5月14日から6日間以内なら日程が取れる

5月に日程が取れることが分かり、5月14日から6日間以内のツアーを探しました。でも、なかなか見つかりません。

そこで、旅行会社に相談することにしました。

「スペインはどうでしょう?」

「あぁ、いいですね」 

でも、フリープランだそうです。フリープランはどうも気乗りがしません。私はそれほどの旅行マニアではありません。調べて訪ねる観光地を決め、そこまでの交通手段を調べて・・・、そういうことに熱中するほどでもないのです。

若いときに一人旅をしたことがありました。GPSもなかった時代ですから、道を間違えることがあります。それはそれで楽しめばいいじゃないかと考えて、そのあたりを散策したものです。

でも、そういうゆとりがなくなってしまったようです。

「スリランカはどうでしょう?」

「あぁ、いいですね」

条件にマッチしているツアーがもうひとつありましたが、行ったことがあるところでしたのでスリランカの話を進めます。

「1人以上で出発です。一人かもしれません」

人数の少ないツアーは好きです。ペアの参加がほとんどの中に一人だけ寂しく参加するのは嫌です。人数が少なければ話かけてくるかもしれません。

こんなことから、スリランカ旅行を決めてきました。

シギリヤロックの1200段の階段を昇れるだろうか

立ち寄る予定の主な観光地はこんな感じです。

  • シギリヤロック
  • ダンブッラの石窟寺院
  • 聖地キャンディ
  • ビンナワラの像の孤児院
  • コロンボ

詳しく調べてしまうと感動が薄れてしまいます。観光地のことは調べずに行って、スゲー!と感動したいのですが、調べずにはいられないことがありました。

それは、旅行会社から渡された「スリランカへご旅行されるお客様へ」という文書に次のようにあったからです。

シギリヤロック観光について

頂上まで1200段の階段を昇りますので履きなれた靴でご参加ください。

又頂上まで登れない場合は途中でお待ちいただくことも可能です。

階段が1200段も! 私は上れるんだろうか?

放送大学図書館の階段を一気に三階まで上ることがあるのですが、結構きつく感じることがあって体力には自信がないのです。

階段が上れなくて途中でリタイヤするのは嫌です。どんな階段なのかと検索してみると、こんな感じ。

guide.travel.co.jp

うーむ。ほとんど垂直のようです。

私が一番多く階段を上ったことがあるのは、四国の金毘羅様。

このブログタイトルには1,368段とありますが、「金刀比羅宮」までの階段は785だそうですから。私の階段記録は785段のようです。それも、二十歳くらいの体力のある頃の話。今では自信がないのです・・・Orz

さるオヤジさんが日本一の石段に挑戦して足がパンパンになった記事も読みました。

そうかと言って、1200段の階段を昇る自信がないからツアーをキャンセルしますというのも男の恥。まだ少し期間がありますから、神社で階段を登る訓練をして足腰を鍛えるなど出来ないかと思ったのであります。

 

つい買わされてしまう6つの説得テクニック・「影響力の武器 なぜ、人は動かされるのか」

目次

影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか

影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか

 

消費者はいつも本質を考えている訳ではない

心理と教育コース」の「心理学概論」を履修しています。「概論」とは全体を通した大体の内容を要約して述べること。ですから、心理学はこんな学問ですよ、といろんな分野を紹介する科目を学習している訳です。

12章に「消費者行動と心理学」というのがあります。これは、消費者の行動がどんなものに影響されるのか、ということを研究する分野。

例えば、私がデジカメを購入しようとするなら、こんな具合に検討します。

  • 目的から考えて、一眼レフ、ミラーレス、コンデジからタイプを決める。
  • 価格コムあたりで、いろんなメーカの映像素子の大きさ、レンズ、見本の写真みながら検討する。

そして、写真はスマートフォンで間に合うことが多いから、高価でもある程度スペックの高いものにしよう、などと悩みながら、あれこれ検討して決める訳です。

ところが、何でもこんなに検討して購入する訳ではありません。

消費者への説得メッセージをどの程度よく考えるかという問題があるのです。

  • 精緻化見込みモデル (Petty & Caioppo, 1984,1986)
    中心ルート
    ・じっくりと考える。事実、証拠に注目して経験を思い浮かべる。
    周辺ルート・本質とはあまり関係ないことに注目する。(広告のモデルが魅力的など)

消費者はは合理的な判断をするばかりでなく、非合理的な判断をすることがある。それはどんなときか。そのような購買に関する心理を研究するのが「消費者心理学」です。

例えば、選択肢が多ければ販売するのに有利に思えそうですが、選択肢が多すぎるとかえって売れなくなるという多すぎる選択肢の問題があります。(Lyengar & Lepper, 2000)

セールスマンは非合理な選択をする消費者心理を利用します。そんな勧誘やセールスに遭ったとき、人がどのように行動するのかを研究したのがロバート・B・チャルディーニの「影響力の武器 なぜ、人は動かされるのか」です。

「心理学概論・消費者行動と心理学」には、この本が役1ページ半に渡って紹介され、章末の「学習課題」にはこんな課題がありました。

  • チャルディーニが示した6つの要因に対応する具体的エピソードをそれぞれ考えてい(ママ)よう。

「影響力の武器」は10年くらい前に購入して、読みかけになっていました。そのうち最後まで読むとして(←いつだ!)、とりあえず、この学習課題だけでもじっくり考えてみようと思います。

つい買わされてしまう6つの「説得の技法」

「影響力の武器」に出てくる最初のエピソードをよく覚えています。

  • ジュエリーショップの店主がトルコ石が売れ残って困っていました。値段の割には質が良いのに売れないのです。
  • そこで、値段を半分にするように店員に指示しまます。
  • 後日店にいくと、宝石は全部売れていました。
  • 驚いたことには、宝石は倍の値段で売れていたのです。
    店主の指示した文字が汚かったものですから、1/2にして欲しかったのに倍にしてしまったのです。

消費者が合理的な判断をしていない例ですね。

さて、学習課題のチャルディーニが示した6つの要因について考えてみます。(参考:Wikipedia「説得 - 影響を与えるための武器」)

  1. 好意
    タレントさんを使ったCMなど好意を持った人からは説得が受けやすいという話です。私の最近の例ですと、これですね。

    立川談志さんがミュージカルを愛していたと知り、嫌いなはずの「ラ・ラ・ランド」見てきた。
    立川談志さんが言うんだから間違いないという安易な判断です。

  2. 権威
    歯医者さんの勧める歯ブラシとか、白衣を着た人だと信用されやすいですね。
    私の例だと「水素水」ですかね。
    ずいぶん前に極楽湯に水素風呂があって、水素水の販売機があるのを知りました。それで、あれ?「水素水」ってあやしくない? と思って検索すると、ブログ「太田成男のちょっと一言」をみつけ、情報を収集してブログを書きました。
    水素水が健康に良いというのはニセ科学なのか 

    水素水を飲んでみた・「水素水とサビない身体: 悪玉活性酸素は消せるのか」

    ミトコンドリアは人体に必要なエネルギーを生み出す。しかし、危険なエネルギープラントだ

    国民生活センターが「ヒトに対する有効性については信頼できる十分なデータが見当たらない。」と発表しても、ニセ科学だと批判する人いても、太田教授を信用してしまいます。
    それと、太田教授が福島県出身なのも大きな要素です。太田教授が「大七酒造」の家系に関係があると知ってこんなブログを書きました。

    「酒は大七」の野立看板は福島県出身者の心の故郷だ 
    あぁ、権威によってよく考えないで利用しているというより、よく考えた結果だから、この例は違いますね。

  3. 社会的証明
    みんながやっているから。

    例えば、複数の仕掛け人達が空を見上げるという実験を行った。すると、その傍に立っている人物は隣の人々が見ているものが気になって次第に空を見上げるようになる
    (Wikipedia「説得 - 影響を与えるための武器」)

    昔使っていた男性用整髪料、シャンプー、洗剤、歯磨き。

    品質が良いのか悪いのか、全く考えていません。当時使っているのが多いから使い始め、いまだに使っています。
  4. 希少性
    限定何個、残りわずか。これに弱いですね。
    山崎努さんの「俳優のノート」を見つけて、「あ、絶版だ。なくなる。はやく買わなくちゃ」と思って購入。
    買ったらば、文庫版が出て値下がりしました・・・Orz  
    俳優のノート―凄烈な役作りの記録 (文春文庫)

    俳優のノート―凄烈な役作りの記録 (文春文庫)

     
  5. 返報性
    何か良いことをしてもらうと、それにお返しをしなければと思ってしまうことです。 
    昨年の桂林での漓江船下りのときです。
    ガイドさんが「私のサービスです」とブルーベリー、ハスの実、栗、サンザシの実、サンザシのお菓子を配りました。

    なんて親切な人なのだろう思いながら食べると、後でお土産の販売。お土産の見本だったのです。もう、先にたくさん食べていますから、買わないと悪いような気がして、サンザシのお菓子をふたつ買いました。

    桂林の旅で気付いたこと 

    それと、「はてなブログ」で互助会と呼ばれることですね。
    ブックマーク、コメントを貰うとブックマーク、コメントを返したくなる。
    問題もあり、批判もありますが、「はてなブログ」が読者の交流をしやすく作ってあるのですから、責任の半分は「はてな」にあると思います。ブックマーク、コメントを貰った人には一定条件をクリアしないとお返しできないシステムにもできる訳で、完璧に否定するのも考えものだと思っています。
  6. コミットメントと一貫性
    いったん何らかも決断をして、それを他者に表明したり、行動を開始すると、それに一貫した行動をとらなかればと思うようになる。

    どこかの記事で見つけ、自分のブログで使い始めることを宣言しました。 

    ライオン ブリリアントモア 歯科用 美白歯磨剤 90g フレッシュスペアミント【医薬部外品】

    ライオン ブリリアントモア 歯科用 美白歯磨剤 90g フレッシュスペアミント【医薬部外品】

     

    効果はあるとは思うんですが、歯を撮影してブログ記事するほどのものではありません。期待した70%くらいでしょうか。
    だけども、やめてしまうのもなんだし、使い続けています。

まとめ

「心理学概論 (12)消費者行動と心理学」にロバート・B・チャルディーニの「影響力の武器 なぜ、人は動かされるのか」が紹介されていました。これは、勧誘やセールスに遭ったとき、人がどのように行動するのかを研究したものです。

「学習課題」に具体的エピソードをそれぞれ考えてみようというのがあったので、書いてみました。

みなさんも思い当たることがあると思います。

「心理学概論」を履修している人は、自分なりの思い当たることを書きだしてみれば理解が深まるのではないでしょうか。

 

心理学概論 (放送大学教材)

心理学概論 (放送大学教材)

 

 

山田洋次監督はフミさんが喜こぶ映画を作る・NHK特集名作100選「寅さんは生きている~山田洋次の世界~」

目次

観光バスのTVでいつも上映されていた「男はつらいよ」

映画「男はつらいよ」と言えば、48本も作られた国民的映画。その制作発表から映画が完成するまでの山田洋次監督を描いた『NHK特集名作100選「寅さんは生きている~山田洋次の世界~」』が放送大学図書館・映像音響資料室にありました。

寅さんは生きている?山田洋次の世界? [VHS]

寅さんは生きている?山田洋次の世界? [VHS]

 

メディアはVHSのビデオテープ。放送大学図書館がオープンしたのが1990年ですから、オープン直後に購入したもののようです。番組は1985年2月3日に放送されたもの。リアルタイムで見たような気もします。

AVブースで再生すると、レトロなナレーションから始まりました。

日本のどこにでもいる日本人を日本人の目で捉える映画監督がいます。車寅次郎とともに16年を生きてきた山田洋次監督です。

そして、 「男はつらいよ 寅次郎真実一路」の制作発表記者会見の様子。 映画は寅さんが大原麗子さん演ずる人妻に恋をして、自分の気持ちが間違っていると苦しむ話だと山田監督が話します。

レポーターが渥美清さんに「車寅次郎はどんな存在か」と質問すると、こんなふうに答えます。

どういう存在なのでしょうか。はっきり言ってスケベなところもあるし、欲深なところもあるし、色んなところがある訳ですよ。

そういうのをどんどん削り落としていってね、寅ってのは、空へ、こう裸で昇天してくような感じがなんとなくしてるのね。

ちゃんとして、かなわねぇなって気はします。

上野の盛り場を背景にこんな人間がいたという話を山田監督に話をすると、それが江戸川を背に、兄思いの妹さくらがいるという設定の物語が作られたそうで、「山田洋次という人に嫉妬を感じた」と渥美清さんは話します。

福島にいた頃、観光バスのTVで上映されるのはいつも「男はつらいよ」でした。「あぁ、これならばみんなが楽しめる。うまい選択をするもんだ」と感心した記憶があります。

また、同級生に「男はつらいよ」が好きな奴がいたのを思い出します。TVで「泣いてたまるか」があったのが中学時代。それが高校時代には「男はつらいよ」になり、ブームのはしりの頃でした。

寅さんは頭は悪いし、四角なでっかい顔をしています。今でいう「非モテ」でしょう。それが恋をするもんだから、見ていられなくて心配したり、笑ったり、若い私は自分と重ね合わせて見ていたんだと思います。

渥美清さんは実在する自分を消した?

渥美清さんの姿を映画以外でみたことがありません。TVで目にする時間が長いのが人気のあるタレントさんという感覚がありますが、渥美清さんと高倉健さんは別格。もう、映画だけの人という感じです。

井上ひさしさんがこんな風に言っていました。

ですから、村の消防団長の役でも、牛の人工授精をする獣医でも、渥美清さんが演じればみんな寅さんのイメージになってしまいます。

しかし、Wikipedia「渥美清」をみると、渥美清さんが交友を避ける人だったこと、松竹がイメージを大事にするために他の企画を没にしていたとも書いてあり、ちょっと違うみたいです。

こんな記事を見つけました。「男はつらいよ」で妹さくらの夫である博を演じた前田吟さんが渥美清さんについて語ったものです。

「俳優ってアドバイスはしないものです。渥美さんにも極意を聞きたかったんだけどね。ただ、哲学者みたいに『吟ちゃん、スーパーマンは飛べないんだよ』って言うことはありました。要は謎かけなんです。

僕の解釈としては、『映画の中のスーパーマンは空を飛べるけど、スーパーマンを演じる役者は空を飛べない』ということ。役者は全てを自分で表現するしかない。寅さんはみんなを笑わせて劇場で大歓声を受けているけど、あれは役柄としての『寅さん』であって、『俺自身はあんなに人を笑わせたり楽しませたりできないんだよ』と渥美さんは言いたかったんじゃないかな。

(NEWS ポストセブン「前田吟 渥美清から26年間で一度も演技について助言されず」より)

映画の寅さんがスクリーンから出てきて、明石家さんまさんのようにマシンガントークをしたり、蛭子能収さんのようにわがまま言ったり、そうかと思えばすねたり、説教で「寅のアリア」を語ってみせれば、それはTVを見る人は楽しくて感動するでしょう。 

 でも、それは映画の話、渥美清さんは役者です。違うのですね。黒柳徹子さんが語る渥美清さんの姿を聞くと、ちょっとだけ寅さんを思い浮かべますが、寅さんではないのです。父が新聞記者で母が元小学校教諭だったそうですから、インテリだったのかも知れません。 

お手伝いのフミさんが喜こぶ映画

 「たけし、山田洋次監督を酷評!日本映画の知られざる裏側を暴露!」 でビートたけしさんが山田洋次監督を酷評しています。日本映画はヨーロッパの映画祭に出品してるけれど、ことごとく予選落ちしている。オレの作品が映画祭で上映されるのはその度に日本のチャンピオンになっているからなんだそうです。

このことは『映画「母と暮せば」・山田洋次監督は世界に通用しないのか』にも書きました。たしかにビートたけしさんの受賞歴山田洋次さんの受賞歴を比べてみると、ビートたけしさんの海外での評価は高く、山田洋次監督は国内には強いけれども、海外では弱いようです。

なぜなんでしょう? それは、ビートたけしさんが映画監督や批評家に評価される芸術映画を作り、山田洋次監督は大衆に愛される娯楽映画を作ったからと考えれば納得がいくような気がします。

このビデオで山田洋次監督の映画に対する姿勢を知ることが出来ました。

  • そのひとつが、子供時代に山田洋次監督が映画を見に行ったときの話です。山田少年はお手伝いのフミさんに連れられて映画を見に行きます。映画は「路傍の石」。フミさんはボロボロと涙を流していたそうです。それ見て、同じ映画を見てもこんなに感じ方が違うものか、映画にはこんなにも力があるのかと感心したそうです。
    「路傍の石」は私も昔TVで見た記憶があります。貧しい家に生れたことから奉公に出される吾一少年。それでもひたむきに生きる姿にフミさんは自分を重ね涙が流れたのでしょう。
  • もうひとつは、山田洋次監督が人に会いにいくという事です。1000人以上の連絡先が書いてある手帳を持っていて、シナリオに息詰まるとその中の人に会いに行くんだそうです。番組で紹介されたのは、根釧原野を開拓した牧場で働く男性でした。「のどかな暮らしがしたくて来たけれど、大変なことばっかりだ」と話す男性は映画「家族」のように開拓で入植したのでしょうか。そういう人から山田監督はヒントを得ているようでした。

こんな映画ではフミさんは喜んでくれない。地道に働いている人を喜ばすのは簡単でないとひたすらに見る人が喜ぶことを考える山田洋次監督。そんな山田洋次監督が描かれていました。

映画は芸術か娯楽か

「市場原理に従っていれば、娯楽映画が作られ、芸術映画が否定されるのは当然の成り行きである。そのため、映画芸術は積極的に支持していかなければ滅びてしまう性質のものである」と警鐘を鳴らしている人もいます。

だから、映画祭で芸術映画で褒めたたえているのでしょう。

でも、大衆が見たいのは娯楽なんですよね。

こちらもオススメ

sirocco.hatenablog.com

sirocco.hatenablog.com

sirocco.hatenablog.com

自分が住んでるマンションのゴミ集積所にゴミを出さずによそのゴミ集積所に入れるというモラル

目次

f:id:sirocco:20170406040647p:plain

(「かわいいフリー素材集 いらすとや」より)

よそのアパートのゴミ集積所にゴミを入れるひと

嫌なものを見てしまいました。

出勤のために駅まで歩いている途中のことです。ゴミ袋を持った男性がマンションから出て来たかと思うと、隣のアパートのゴミ集積所まで歩きます。フタを開けてゴミ袋を入れると、何もなかったように駅に向かって歩き始めたのです。

あれ? なんで、自分が住んでるマンションにゴミ集積所があるはずだけれど、なんでそこに出さないの?

ははん。マンションのゴミ集積所にゴミを出すのが面倒なようです。

このあたりは住宅地のため高いマンションが建てられません。男が出て来たマンションは二階建ての横に長いマンションです。

f:id:sirocco:20170407025339p:plain

アパートのゴミ集積所なら駅へ行く途中に出せますが、自分のマンションのゴミ集積所へ出そうとすると、反対側まで歩いて行って150メートル近くもまた戻って来なくてはならないのです。それを手抜きするために他人が管理するアパートのゴミ集積所を使っているようです。

このアパートのゴミ集積所はアパートが清掃管理しています。自分が住んでいるマンションのゴミ集積所にゴミを出さないで、他人が管理しているゴミ集積所にゴミを出すというモラルはどうなっているんでしょう。

私も他のゴミ集積所を利用したことはある

私も自分たちが管理していないゴミ集積所にゴミを捨てさせて貰ったことがあります。本当は駅やコンビニ置いてあるゴミ箱入れればいいのでしょうが、ポリ袋やペットボトルなんかを通りすがりのゴミ集積所に捨てさせて貰ったことがあります。

そういう場合でも利用しやすいゴミ集積所と利用しにくいゴミ集積所があります。

  • 道路の一部を利用してゴミ袋が重ねてあるようなゴミ集積所
    ちょっとしたゴミなら何度か利用させてもらったことがあります。
    私たちが管理しているゴミ集積所はこんなタイプで、当番で掃除をしています。
    ときどき、見かけない人がゴミ袋を置いていくことがあるのですが、「私たちが掃除しているんだけどなぁ」とは思いますが苦情をいう訳でもありません。
  • マンションや分譲住宅などが設置したゴミ集積所
    土地を分譲するときやアパートにはゴミ集積所を設置しなければならないようです。こんなゴミ集積所です。
    さすが私も他人のゴミ集積所を開けてゴミを置く気にはなりません。
    これは私物で、住人のためにアパートの大家さんが設置したもの。明確に住人以外をゴミを置かないよう注意書きをしているところもあります。f:id:sirocco:20170405180158j:plain

ところが、私が目撃したのはこんなゴミ集積所を開けて持って来たゴミ袋を入れてしまったのです。

そのへんに不法投棄されるよりはましですし、時間になればゴミ収集車が持って行ってしまうのですが、このゴミ集積所を設置した立場を考えると釈然としないのです。

ゴミ集積所を移転してください問題

ゴミ集積所問題ではえらく苦労したことがあります。自治会の班長をしているときのこと。ゴミ集積所として使っていた場所を移転して欲しいと言われたのです。

私たちは駐車場の向かいをゴミ集積所として利用していました。その駐車場が分譲されることになりました。そこにはゴミ集積所が設置されます。それなのに目の前にゴミ集積所があるのは土地を買う人も釈然としません。そこで、自治会を通じて私のところに、ゴミ集積所を移転して欲しいという話がきたのです。

これには困りました。

誰も家の前をゴミ集積所にしたくはありません。夏は臭くなるでしょうし、見た目もよくないからです。

ウチの前の道路は狭いので、それを理由に「ウチの前は・・・」と言ったのですが、正当な理由があって良かったというのが正直な感想です。

広い道路のところに移転させて貰おうかと、何件かのお宅へ話に行きましたが良い返事をいただけません。田舎の自治会ならば、全員が集まって相談するところでしょうが、ウチの組は集まったことがありません。

このまま決まらなければ全員が集まって相談しなければなりません。しかし、ゴミ集積所を利用しているのは私たちの組だけではなく、他からも来ているのです。私がゴミ集積所の責任者でもないですし・・・。

分譲会社の人がウチに来るということです。さて、どうするか。

市で主催している法律相談があったので、弁護士さんに話を聞いてきました。道路であっても、ゴミ集積所を使い続ける権利があるのではないかと思ったからです。しかし、はっきりとしたことは分からず仕舞いでした。

分譲会社は強力な権限を持ってきました。市役所で話を聞いてきたそうです。

  • 市は道路の占有許可をしている訳ではない。そこにゴミ集積所があると不便だ、危険だという申し入れがあれば撤去しなかればならない。

あぁ、そうなのか・・・。道路の占有許可も貰っている訳ではありません。

道路を利用したゴミ集積所はいっぱいあって、歩道の一部が一段低くなってそこがゴミ集積所になっているところもあります。そこでも、苦情があれば使えなくなるのかも知れません。

道路の占有許可をしている訳ではないが、黙認して貰っている。弱い立場です。

ゴミ集積所にする場所がなくて、いよいよ困ったら、遠くなりますが、他のゴミ集積所を使わせて貰うという手段もあります。

しかし、全員がいっぺんに隣のゴミ集積所を利用すりょうになれば、そこに大量のゴミが集まることになり、景観も匂いも今よりずっとひどくなり、通行の邪魔になる度合いが高くなるでしょう。二ヶ所くらいに分かれて使わせてもらうしかありません。

そんなこんなで悩んで、分譲会社の人とも何度かメールのやり取りをしました。

そのうち、近く公園の前に三角にガードレールで囲まれた土地があるのを思い出しました。ここいいじゃん!

目の前のお宅に話をすると、一軒はOKで、もう一軒はNG。万事休す。

このことを自治会長に話しましたら、さすがは地元の有力者。誰かが話をまとめてくれたようです。

長くなってしまいましたが、ゴミ集積所を管理するのは大変なんだという話です。

今度みかけたらどうしましょう

本人はたいした問題ではないと考えているのかもしれませんが、ゴミ集積所の問題で苦労したことがある私からするとかなりの問題です。

二度みかけましたが、今度みかけたらどうしましょう。

注意をするか・・・、アパートの大家さんに連絡するか・・・、写真を撮るというのもありますが・・・。

もう、みかけることがありませんように。

 

放送授業をiPhoneアプリで視聴したらかなり良かった(放送大学)

目次

f:id:sirocco:20170404032637p:plain

放送授業を専用アプリで視聴できるようになった

放送大学のサイトに放送授業のインターネット配信が変わるという案内がありました。

動画がFlash Playerでの再生に変更になり、Mac OS,Chrome OSで視聴できるようになり、iOS携帯端末(iPhone・iPad)、Android携帯端末(スマートフォン・タブレット)で視聴できるようになりました。

スマートフォン・タブレット向けのアプリケーションを無償提供します。

視聴には専用アプリケーション「ネット配信」のインストールが必須です。Google Play、またはApp Store から無料ダウンロードすることができます。課金されることはありません。
ただし、接続の際の通信費やプロバイダ代金などは利用者ご負担となりますので、ご注意ください。

 (「放送授業のインターネット配信が変わります!」より)

新しもの好きの私、早速インストールしてみました。

「ネット配信」を使ってみる

アプリの名前は「ネット配信」と言うようです。

App Store から検索してダウンロードしてみます。「放送大学」でも出てきます。

f:id:sirocco:20170404032253p:plain

ログイン画面

ログインは「在学生」と「一般」に分かれます。

在学生はIDとパスワードの入力が求められますが、一般の方にはそれがありません。

学生IDは10桁の数字で、こんなもの一生記憶することは出来ないだろうと思っていたのですが、動画視聴や科目の登録、通信指導の提出、単位認定試験の結果を見るためにログインしているうちに、何も見ないで入力出来るようになりました。

人間の記憶の仕組みは素晴らしい!

 

f:id:sirocco:20170404032313p:plain

オープンコースウェア(OCW)

「一般の方」を選択すると、「テレビ」、「ラジオ」の選択画面になります。

「テレビ」の放送授業は、新聞の番組案内でも紹介されていますし、チャンネルを回しているうちに偶然見たりしてご存じかと思いますが、「ラジオ」でも放送しています。

「テレビ」を選択するとこの画面になります。

「OCW」の科目は全15回視聴でき、その他は1回目の放送だけ視聴できます。

「OCW」はオープンコースウェア。一般の方でも視聴できます。

OCWとは「大学で正規に提供された講義とその関連情報のインターネットでの無償公開活動」だそうです。*1

f:id:sirocco:20170404032427p:plain

OCWのメニューはこんな感じ。

f:id:sirocco:20170404032511p:plain

現在履修中の「心理学概論」の画面

f:id:sirocco:20170404032612p:plain

「日本語アカデミックライティング」を聞いてみた

ラジオ科目の「 日本語アカデミックライティング('17)」を聞いてみました。

なかなか快適です。

f:id:sirocco:20160906170736j:plain

今までは、自宅のデスクトップPCで動画を再生するか、放送大学図書館のAVブースでDVD、CDを視聴していましたが、マッサージチェアに座ってリラックスしてというか、集中して聞くことが出来ました。

調子に乗って、最初から4回目の「タイトルまで」を聞いてしまいました。

そんなに簡単に終わってはもったいないので、テキストを1章からじっくり読んで、ラジオの番組に追いついたら、先に進みたいと考えています。

放送大学はいつ、どこで学習しても良いというシステムは大好き。夜は8時過ぎには寝ます。3時ころには起きてPCに向かう。そんなやり方が私は合っています。

こちらもオススメ

sirocco.hatenablog.com

sirocco.hatenablog.com

sirocco.hatenablog.com

 

「自分にしか書けないことを、だれにでもわかる文章で書く」・弱小ブロガーの運営報告

目次

  • 弱小ブロガーの運営報告
  • 12月のアクセス激減事件は何だったのか
  • 良い文章はどうすれば書けるのか・私のブログ戦略
  • 最後に

f:id:sirocco:20170401054841p:plain

弱小ブロガーの運営報告

投資情報でお世話になっている「ランダムぽてと」さんが「PVで自分のブロガーランクを知っておこう」という記事を書きました。最近はさらに漫画で華を添えるようになって、鬼に金棒、獅子に鰭(ひれ)、弁慶になぎなた、虎に翼、ランダムぽてとに漫画。益々好調のようです。

それでは、私のアクセスを報告します。

年 月 記事数 月間PV
2015/07 56 4,276
2015/08 60 4,556
2015/09 63 3,561
2015/10 69 3,389
2015/11 82 4,241
2015/12 93 3,557
2016/01 110 5,352
2016/02 121 5,863 ここから「はてなPro」
2016/03 138 11,047
2016/04 150 23,188
2016/05 155 14,368
2016/06 166 13,845
2016/07 177 17,459
2016/08 188 22,434
2016/09 195 22,726
2016/10 203 22,112
2016/11 212 24,592
2016/12 225 18,735
2017/01 235 25,395
2017/02 243 23,613
2017/03 262 29,346

「ブログ部」さんの「PV数でわかるブロガー番付|あなたのブログはどのレベル?」からするとアマチュアにもう一歩というところでしょうか。

f:id:sirocco:20170401040728p:plain

(「PV数でわかるブロガー番付|あなたのブログはどのレベル?」より)

 

「このレベルでまだまだ1万円〜数万円の収入のブログがほとんどであるはず」と言っていますが、全然ダメ。1/4以下です。お金になりそうな話題を扱っていないからですね。

マネタイズはどうするのか。

お金のための話題にしても、その分野は強敵が多いでしょうから、このままボチボチやります。

続きを読む

立川談志さんがミュージカルを愛していたと知り、嫌いなはずの「ラ・ラ・ランド」見てきた。

目次

ネタバレあり

Ost: La La Land

Ost: La La Land

 

ミュージカルを理解できない自分は馬鹿

ミュージカルは好きですか?

「嫌い」と公言するひとも結構いますよね。その代表がタモリさん。

ネタで言っている部分もあると思うのですが、不自然なことには同意します。

「ラ・ラ・ランド」が公開され、アカデミー賞の本命だと言われても、同時に上映していた成瀬巳喜男監督「浮雲」を見て来たくらいです。名作と言われてるからです。

ところが「ラ・ラ・ランド」を見たくなるようなことがありました。それは、放送大学図書館ロビーで「キネマ旬報・立川志らくのシネマ徒然草」を読んだからです。

志らくさんは、アンチ「ラ・ラ・ランド」の「話が薄っぺら」、「貧乏人がプリウスなんか乗るか」、「スマホを持っているのになぜ皆60年代ファッシオンなんだ!」などの酷評にいちいち反論していました。

そして、最後にこんなことが書いてありました。

元々私はミュージカルが嫌いだった。でも談志がミュージカルを愛していた。だからこれを理解できない自分は馬鹿だと思い、ミュージカルを見始めた。20年かかった。今ではMGMミュージカルを愛している。そして「ラ・ラ・ランド」に恋をした。だからこれは素晴らしいと自信を持って言えるのだ。おい、愛の力は凄いんだぞ!

立川談志さんは天才です。談志さんがミュージカルを愛していてこれを理解できない自分は馬鹿だと思う感性は正しいに決まっています。

そうすると、ミュージカルを面白くないと思っている私も馬鹿に違いありません。

そのままでは悔しいので、「ミュージカル嫌いだけど、こんな見方をすれば楽しいんじゃない?」。ミュージカル嫌いがミュージカルを楽しむためのブログを書くつもりで見にいきました。

結果は良かった。感動しました。「ラ・ラ・ランド」の良さについて書いてみます。

タイトル「ラ・ラ・ランド」が意味するもの

オープニングは高速道路の渋滞でミアとセブ(セバスチャン)が出会うところから始まります。*1

ミアは女優の卵。セブは古いジャズを愛するジャズピアニストで自分の店を開くのが夢です。

ラブストーリーの舞台は「ラ・ラ・ランド」、ロサンゼルスのことです。ポスターにもなっている夜景をバックに踊るシーンも、全部ロサンゼルスです。

この映画は夢と希望を求めて生きるミアとセブが描かれます。底抜けにポジティブです。ロサンゼルスには、ミアやセブのように夢と希望を求める人がいっぱい集まってきています。夢と希望で活気があふれる街、それが「ラ・ラ・ランド」なんです。

私の青春時代に「カリフォルニアの青い空」という音楽がありました。きっと、カリフォルニアの天気は晴れが多くて空気が乾いてスカッとして、住んでいる人も明るくてポジティブなんです。

昔、郡山のオーディオ専門店「のだや」で「JBLのスピーカはカリフォルニアの乾いた音がする」と言ってる人を見かけたことがあります。「お前、カリフォルニアに行ったことあるのかよ」と突っ込みたい気分でしたが、JBLのスピーカは憧れでした。

そういう夢と希望が「ラ・ラ・ランド」なんです。

「貧乏人がプリウスなんか乗るか」問題

この問題を最初に指摘したのは以下の記事のようです。

 そして、IRORIOでは詳しく取り上げています

まず、セブの乗っている車が面白い車でした。古いオープンカーのアメ車です。

なんて言う車なんだろうと思って、英語版のWikipediaを頼りに「La La Land Sebastian car」で検索してみました。これですね。

f:id:sirocco:20170331043026j:plain

(Wikipedia「1984 Buick Riviera Convertible」より)

セブがこんな古き良きアメリカの車を乗っているのに、ミアはハイテクのプリウス。貧乏だから型落ちなんですが、映画としてバランスが取れないと不満を言ってるようです。

私が考えたのは、日本でプリウスに飽き飽きしているのもあって、映像としてプリウスは美しくないんじゃないかということです。山田洋二監督「東京家族」の妻夫木聡さん演ずる息子はボロボロの「フィアット チンクエチェント」を乗っていました。だから、ミアもこんな車がいいんじゃないかと最初は思ったんです。

でも、違うんですね。

心理学に「人物と所有物のマッチング」というのがあります。

ある人物の写真と二台の車の写真を示して、「この人物はどちらの車に乗っているか」と質問すると、偶然以上の確率で当たるというんです。*2

プリウスが発売された当時は地球の環境を考える文化人が乗るものというイメージがありました。ミアはセブよりもドライで合理的に考えそうです。そんなミアが乗る車は「プリウス」がふさわしいでしょうか、「フィアット チンクエチェント」がいいでしょうか。

「チンクエチェント」に乗るミアなら、きっとパリには行かないと思います。

私の案が駄目なのがわかります。

「可哀そうな男だと見下げたかったのか」

イギリスの有力紙デイリー・テレグラフが「Mansplaining, jazz and Priuses: all the reasons why people hate La La Land」という記事を書いたそうです。「mansplaining」の意味を調べると詳しい解説を見つけました。

  • マンスプレイニング - Wikipedia
    マンスプレイニング(英語: Mansplaining)は、男を意味する「man」(マン)と解説を意味する「explain」(エクスプレイン)をかけ合わせたかばん語。一般的には「男性が、女性を見下ろすあるいは偉そうな感じで何かを解説すること」とされる。

これは思い当たるシーンがあります。

セブは古いジャズが好きなのですが、仲間から誘われてバンドに入ってロックのような音楽を演奏します。バンドは大人気になります。

そのとき、ミアが「あれがあなたのやりたいジャズなの?」と言います。

ミアはジャズが好きではありませんでした。そこで、セブは「ジャズは嫌いなんだろ」とマンスプレイニングをする訳です。ミアはジャズのことは分からないけれども、セブを心配して言うんですが、口論になってしまうんです。

で、その終わり方が凄いんです。

「売れない可哀そうな男だと見下げたかったのか」とセブはミア言ってしまいます。

このセリフの一撃でミアは黙ってしまいます。
女性の会話は共感を求めて話します。自分の心配している気持ちを知ってもらいたくて話しているのにこの捨て台詞です。彼女は傷いて会話が途切れてしまいます。

セブのいらだちが良くわかるシーンです。

女性を見下ろすから駄目ではなくて、よく描けている映画だと思うんですけどね。

まとめ

「立川志らくのシネマ徒然草」を読みました。そこには、立川談志さんがミュージカルを愛していたそうで、これを理解できない自分は馬鹿だと思い、ミュージカルを見始めたと言う話が載っていました。

そうなのか・・・と嫌いなはずの「ラ・ラ・ランド」見てきました。

突然歌いだしたり、踊ったりするのが気になったのも最初のうちだけ。

とてもよい映画でした。

脚本はこれ以上の選択肢はないと思えるほど練られていて、完成度が高かった。

ポスターにもなっている夜景をバックに踊るシーンはカメラがクレーンで移動するかなりの長回しで息がつまりそうだった。

映画館でセブとミアの手がソロソロと近づいて握り合うシーンを、あぁ、オレもあんなのがあったよねぇ、なんて見てきました。

見る前に職場のおばちゃんから、「最後がね」ラストをボカすから、ネタバレを気にしないと言ったけど、これは言っちゃあダメだと思いますがちょっとだけ。

セブが最後に頷きます、「これでいいんだ」と言っているように。

こちらもオススメ

sirocco.hatenablog.com

sirocco.hatenablog.com

sirocco.hatenablog.com

*1:沈黙の主人公「セバスチャン・ロドリゴ」と同じ名前ですね

*2:ペンケースは誰のもの?」という実験をした人もいるようです。