シロッコ手習鑑

高卒シニアが放送大学の心理と教育コースで学んでいます。人間と文化コースにも興味があります。学んだことを基に自分の考えを組み立てて伝えていきたい。

日本を代表する作詞家・阿久悠さんの歌詞から、ブログが伝えるべきメッセージを学ぶ

f:id:sirocco:20180204214335p:plain

目次

メッセージのはっきりしたブログを書きたい

「シナリオ骨法十箇条」を紹介したときに、コンセプト、テーマの大切さを書きました。テーマとは伝えるメッセージのことです。 

そんなとき、八代亜紀さんが「雨の慕情」を歌うシーンをみました。BS放送で彼女の半生を紹介する番組を放送していたのです。 

「雨雨ふれふれもっとふれ、私のいい人つれて来い~♪」

これ、強いメッセージじゃん。雨にもっとふれ、私のいい人つれて来い、ってお願いしている。「雨の慕情」はどんな構造になっているんだろうと興味が湧きました。

作詞は阿久悠さん。阿久悠さんの歌詞を分析すれば、メッセージというものの理解が深まるのではないか、そんなふうに考えて、歌詞の世界の構造を描いてみました。

描いたのは「うたまっぷ/歌詞検索/作詞者:阿久悠」から選んだ次の3曲。

  • 八代亜紀「雨の慕情」
  • ピンク・レディー「ペッパー警部」
  • 佐々木功「宇宙戦艦ヤマト」

描いてみると歌詞の世界のドラマの構造がよくわかりました。これらの3曲はどんな構造になっているのか、どんなふうにブログに役立ちそうなのかを紹介してみます。

八代亜紀「雨の慕情」

阿久悠さんがつけた曲名は「雨雨ふれふれ」。レコード大賞を狙う曲なのに「雨雨ふれふれ」では格好がつかないというレコード会社の要望で「雨の慕情」に変更になった。そんな話が私の見た番組で紹介されてました。

「雨の慕情」・・・考えてみれば平凡すぎる曲名です。 

歌詞の内容はこちら。

f:id:sirocco:20180204073648p:plain

  • メッセージを訴える相手:雨
  • メッセージ:私のいいひとつれて来い

この曲で思い出したのが、「保育園落ちた日本死ね!!!」。

「雨」の部分が「日本」になっていて、「あのひと」が「保育所」ですね。

昨日見事に保育園落ちたわ。

どうすんだよ私活躍出来ねーじゃねーか。

私のブログだとこんなのがあります。

ピンク・レディー「ペッパー警部」

この歌を初めて聞いたのはドリフターズの「8時だョ!全員集合」。  よく分からないうちにピンク・レディーはアイドルにのし上がっていきました。

歌詞はこちら。

私たちこれからいいところなんです。ペッパー警部さん、「邪魔をしないで」と呼びかける歌です。

面白い シュチエーションです。 

f:id:sirocco:20180204065244p:plain

  • メッセージを訴える相手:ペッパー警部
  • メッセージ:邪魔をしないで 

佐々木功「宇宙戦艦ヤマト」

アニメを見たことはありませんが、歌は知っています。歌えます。

「宇宙戦艦ヤマト」はイスカンダル星に行く話です。

九州・坊ノ岬沖で250年も前の世界大戦中に沈んだ戦艦「大和」に、この波動エンジンを搭載し、コスモクリーナーの受領のための宇宙戦艦「ヤマト」として完成させる。沖田十三を艦長とし、古代進、島大介、森雪などの乗組員を乗せ、イスカンダル星に向け、1年という限られた猶予の中、宇宙戦艦ヤマトは人類最後の希望を託されて往復29万6千光年の旅に発つ。(Wikipedia「宇宙戦艦ヤマト」より) 

歌詞はこちら。 

この歌詞は、沖田十三艦長はじめ、「大和」乗組員全員の気持ちを表現しています。

さらば地球、必ずここへ帰って来る。イスカンダルに行く決意を歌っています。

f:id:sirocco:20180204065631p:plain

  • メッセージを訴える相手:自分たち
  • メッセージ:使命を果たすぞ 

憲法の前文、多くの校歌はこんなスタイルです。

最後に

メッセージのはっきりしたブログを書きたい。しかし、なかなかうまくいきません。そんなときに八代亜紀さんの歌を聞いて、これは強いメッセージだと思いました。

阿久悠さんの歌詞はどんな構造になっているのか、図を描いてみました。

描いてみると歌詞の世界がよくわかります。メッセージに関する理解が少しは深まったと思います。

おまけ

最近、この togetter を見て、理論でやるしかないと思いました。

togetter.com

「理論だけMAXで他が0のやつもよく見かける」というコメントもありますが、両方が0よりもずっといいはずです。