シロッコ手習鑑

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロッコ手習鑑

高卒シニアなのに臨床心理士になりたいと思い立って放送大学生になりました。

「日本死ね!」なんてとんでもない。パスポートを電車に置き忘れて知った日本の凄さ。

f:id:sirocco:20160618092958p:plain

目次

あちゃー、やってしまった

ツアーは11:00羽田集合です。総武線を8:30。津田沼で快速に乗り換え、品川から京急本線に乗り換えれば10:00には羽田に余裕で到着の予定です。津田沼に到着して快速のホームに移動して電車を待つ列の並ぶ。ここまでは順調でした。

ここで、とんでもないことに気がつきました。

パスポートとカメラ、傘などを入れたショルダーバッグがありません! パスポートがないと海外にはいけないのです。

あちゃー、三鷹行の総武線に忘れてしまいました。いつもは新検見川駅の右手の階段を降りて、女性専用車両の次、先頭から2両目に乗ります。ところが、今回は荷物がありますから、左手のエスカレータを降りて通勤時間帯は椅子が畳まれる車両に乗ってしまいました。上げてある椅子のところにバッグを置いて背中をもたれかかり、そのまま電車を降りてしまったのです。

「そんなところに置くと忘れるよ」

妻が見ていればきっとそう言ったでしょう。単純なことでも集中力を絶やさず間違いなく淡々とこなす。ホント、私、そういうのは苦手なんです・・・Orz

駅員さん、なんとか助けてください

どうすればいいのか・・・。まず、改札の駅員さんに聞いてみました。すると、総武・中央線各駅の5番、6番ホームの西端にある事務室に話してくれとのことです。

事務室には駅員さんが二人いました。

事情を話すと「今すぐ快速に乗れば錦糸町で待ち伏せ出来るかも知れない」と言います。

「何時の電車でした?」

「新検見川8:30です。3番ホームへ移動して、そこで気がついて5、6番ホームに戻ってきました」

「あぁ、それなら間に合わないですね。その快速乗らないと追い越せないのです」*1

車掌さんが荷物を確認してくれるのかと期待しましたが、「乗客が多いので、車掌が電車の荷物を確認することは出来ません」とのことです。

万事休す・・・。首相やJR社長でもダメなのか。探すのは不可能ではないだろうなどと屁理屈を思いつきましたが、言っても印象が悪くなるだけ。あきらめて忘れ物の届出書を書いて提出しました。

「忘れ物が届けられれば、連絡が行きます。こちらが《お忘れ物のお問い合わせ》の電話番号です。届いてないか電話してみてください」

誰かが忘れ物を届けてくれるとは限りません。それも、あと数時間以内にパスポートを持って羽田に行かないと飛行機には乗れないのです。

パスポート、カメラの入ったバッグを電車に、忘れた。
総武線、中野行き。座席のない車両です。協力お願いします!
posted at 08:41:34

現在、津田沼。再度、総武線に乗ります。
posted at 08:42:53 

 私の乗った電車にTLを見ている人がいるかも知れないと思ってツイート。フォロワーの多い放送大学長と自然山通信の西巻さんにリツイートをお願いして、みなさんに多数リツイートしていただきました。

なんと私はバカなのだろう。がっくりと気落ちしました。

とりあえず中野に向おう

落ち込んだままいては何も解決しません。電車は中野か三鷹行きです。とりあえず、中野に向うことにします。

各駅停車の乗りましたが船橋で快速に乗り換えて錦糸町まで。ここで中央快速に乗り換えようと思いましたが、中央快速に乗り換えられるのは御茶ノ水。そんなことも間違えました。

御茶ノ水を目指して総武線各駅停車に乗り換えました。人身事故があったとアナウンスがあり、電車は秋葉原で停車してしまいました。

電車を降りてなるべく静かな場所でツアーの添乗員さんに電話をすることにしました。

ツアーの添乗員さん、ごめんなさい

添乗員さんには女性の方なのですが、他にも迷惑をかけたばかり。送付されてきた申込書を提出しなかったことから携帯に催促の電話があった直後なのです。。

参加するつもりだった7月のツアーが中止になり急遽6月に変更。電話があってパスポート番号などを連絡していましたから、書類は必要ないと思い込んでいたのです。

それから、持ち物や旅行の注意なども事前に何度か電話連絡を受けていました。

それなのに、今度は「たぶん、行けないと思います」と電話したのです。

「えーっ! 」と彼女のカン高い声が聞こえました。

「ギリギリまで待っていますから 」と言っていただきましたが、たぶん、ダメでしょう。

会社にはなんて言うの?

会社は休むように伝えてきました。 「パスポートを電車に忘れて行けませんでした」というのか。それとも、何処からかそれっぽいお土産を入手して、行って来たふりをした方がいいのか。そしたら、写真は一枚もないぞ。何を食べたとかの話もできない。

あぁ、正直にパスポートを忘れて、行けなくなったというしかない・・・。カッコ悪いがそうするしかないでしょう・・・。

餞別まで貰った義母には何て言えばいいの?

国内の温泉旅行に行くときも、海外旅行に行くときも、いつも義母から餞別を貰っていました。この歳になってその度に高齢な義母から小遣いを貰うのもみっともない話ですが、妻が生きていたときは娘にあげたいのだろうと受け取っていました。

今度は私ひとりですから、餞別を渡されたのは意外でした。そして、餞別を受け取りました。今まで何度も、いらない、受け取れと押し問答をしたことがあってもう諦めているのです。

妻がいなくなってから初めての旅行。以前のペースに戻る良い機会と考えているだろうに・・・。

しょんぼりと家に帰り、「パスポートを電車に忘れて行けなくなりました・・・」、そう言うしかなさそうです。

最善の方法は何だろう?

バッグが戻る可能性があるのは次の二つだと思いました。

  • ツイッターを見た人がバッグを見つけて、私にメッセージを送る。こちらは待っているしかありません。
  • バッグを見つけた人が忘れ物として届ける。パスポートが入っていることから、落とし主が私であるのは分かるかもしれません。しかし、忘れ物を届出た書類とマッチングされて電話が来るのには時間がかかるでしょう。
    駅員さんからもらった忘れ物の問い合せ先に電話するしかありません。

9:35頃、「JR東日本お問い合わせセンター」に電話。男性のオペレータです。モスグリーンのバッグ、入っているもの、置き忘れた車両を説明するが、届いてないとのことです。
事情を話し、いま秋葉原にいるが何処で待てば一番よいのか聞きました。返事は何処で発見されるか分からないからなんとも言えないとのこと。中央線は人身事故で動きません。とりあえず、秋葉原からなら選択できる路線が多そうなので秋葉原で待機することにしました。

9:45頃、2回目の電話。違う男性のオペレータでした。同じ内容を話しましたが届いていないとのこと。

添乗員さんへ電話。まだ、大丈夫とのこと。10分おきに電話していることを話しました。もう間に合わないと添乗員さんが判断したら終りにするつもりです。

9:55頃、3回目の電話。また違う男性のオペレータです。また同じ内容を話します。ありました! 忘れ物として新宿駅の15番、16番ホーム事務所に届けられているそうです。

秋葉原から新宿まで35分くらい。新宿から品川で京急に乗り換えうまく行けば40分くらい。11時30分頃には到着できそうと添乗員さんに電話。

山手線遅い! 人身事故の影響からか電車が遅延して大崎で3分の時間調整。さらにべつの駅で時間調整。

やっと、新宿駅について15番、16番ホーム事務所の事務所へ。

本人と確認できるものがないのでクレジットカードを提示。 パスポートの写真で本人確認をしてもらいました。

忘れ物を受け取る書類に記入します。急いで書いているので字がぐちゃぐちゃです。

「読めないからカナをふってください」と駅員さん。

すみません、本当は書類を丁寧に書きたいですし、お礼もたくさん言いたいのですが、時間がないのです。

そして、搭乗に間に合いました。奇跡のような出来事でした。

こんなに短時間に忘れ物が届く日本は凄い

最近、日本にいる外国人が日本を褒めまくる番組とか、海外の職人を日本の工場や職場を視察させて「日本はすごい」と言わせる番組がいっぱいあります。日本人を褒めて気持ちよくさせて視聴率を稼ぐつもりなのだろうと懐疑的にみていました。

東日本大震災のときには、「こんなときにも日本人は整然と並ぶのか」と海外に報道されましたが、日本人にだってズルをする人はいっぱいいると毒づいてました。

すみません。パスポートを電車に忘れても、こんなに短時間に戻る日本は凄いです。

届けてくれた人、ありがとうございます。

それと、ツアーに間に合ったのはJRの忘れ物データベースのおかげ。届けられた忘れ物がデータベースに登録され、路線や忘れ物が何であるかによって検索できるようになるまでの時間が短かったのも良い結果につながりました。

JRの人たちも凄い。感動しました。

届けた人にお礼を言いたい

こんなに凄いことをして貰った人に感謝の気持ちを伝えたい。何かお礼をしたいと旅の帰りに津田沼の事務所に寄ってお話をしました。すると、こんな話でした。

  • 届ける人のほとんどは名前を告げないので誰が届けたか分からない。
  • 名前が分かっても個人情報なので、本人の許可がないと教えられない。
  • 届けたのが新宿なので詳細は新宿でないと分からない。

新宿に行けば分かるのでしょうか・・・。「JR東日本お問い合わせセンター」に電話をすると忘れ物の人が多いのか、「お待ちください」のアナウンスが流れました。

火曜日の私のように急いでいる人が電話をするかもしれません。電話で聞くのは諦めたほうがいいと考え電話を切りました。

まとめというか教訓

もし、JR東日本の電車に忘れ物をしたら以下に問い合わせる。

 一刻も早く受け取りたい場合は届けられる可能性高い駅の近くで待つ。

忘れ物をしないように注意するのが一番です。

 

 

*1:今、時刻表を調べてみると乗ろうとした快速が錦糸町を出発するのが9:03。私の乗っていた各駅三鷹行きは9:10。次の快速では9:10になってしまうので私が乗っていた各駅三鷹行きに乗り込むのは不可能なのです。