しろっこブログ

高卒シニアが低学歴コンプレックス脱出のため、放送大学の心理と教育コースで学んでいます。通信制大学で学ぼうとする人を応援したい。学んで成功する人が増えれば、私のやる気も燃えるはず。

【プログラミング独学】挫折しないで学び続ける方法

f:id:sirocco:20200525033339p:plain

目次

なぜ、プログラミング独学は挫折するのか

プログラミングを独学する方法が話題になったことがあります。

また、パソコン音痴から一発奮起。プログラミングを学習している若い女性も見かけました。

しかし、プログラミング独学を続けるのは難しいものです。途中で挫折してしまう人もいるでしょう。

どんな人がプログラミングを学び続けることができるのでしょうか。

自然言語である英語をマスターした人の話が参考になります。

英語は人と情報交換をするためのツールです。

情報交換をする目的があって、その目的のために英語を習得しようとします。

外国から来たお相撲さんは日本語が上手。お相撲さんとして生きていくには日本語が必須条件ですから、学び続けるしかありません。

結果、幕内上位の関取にはなれなかったとしても、日本語は身につくことになります。

プログラムは問題を解決するためコンピュータに指示をするための言語です。

問題(目的)を解決するための手段という点では英語や日本語と同じです。

問題を解決するためにプログラムを学ぶのですが、最初は知識も少なく、いきなり高度なことはできません。

いきなり WordPress のような CMS を作ったり、「はてな」のようなサイトを運営しようとしても無理・・・結局は目的を見失ってしまうことになります。

自分の能力にあった適切な課題を見つけ、それをプログラムで解決する。それが出来たら次の段階へレベルアップする。そういう作業を続けることが出来れば、高いレベルまで昇ることができます。

しかし、これを独学で実際に続けるのは難しい問題です。

仕事として会社に潜り込めば、テーマを与えられ、それを実現しながら、スキルアップできるかも知れません。

しかし、スキル、経験がないのに会社に潜り込むのは難しいのです。

f:id:sirocco:20200608064359p:plain

データベースから学べば挫折しない

では、どうすれば挫折しないしないでしょうか。
何から学び始めるのがいいでしょう?

コンピュータの構造、OS(Linux)、ネットワーク、プログラミング言語(C、C++、Java、C#、PHP、Python、Ruby…)、HTML/CSS、JavaScrpt、データベース…。

プログラミングで学ぶべきことは山のようにあります。

私はデータベースから学習を始めることを提案します。

データベースとはどんなものか。簡単に言うと、データベースには Excel のような表がいっぱい入っています。その表へデータの入出力、検索、修正、削除などを「SQL」という言語で行うものです。

こちらを見ていただけば分かりやすいと思います。

データベースから学習を始めると何が良いのでしょう。

  • いきなり仕事に使える。
    年賀状名簿管理、社員名簿、備品管理、在庫管理、顧客管理、学生管理・・・
    程度の差こそあれ、全てデータ管理です。
    仕事に使えると仲間や上司から褒められ、やる気が出ます。
  • Google、Amazon、Facebook、はてな、Yahoo などサイトの心臓部でデータを管理しているのはデータベースです。
    データベースを学んで無駄になることは決してありません
  • テキストベースでデータベースを学び始め、スキルに応じて発展させることが出来ます。

私がデータベースから学ぶことをお薦めする一番の理由は、最後の「段階的にスキルを上達させることが出来る」からです。

どんなふうにスキルアップ出来るか。

どんなふうにスキルアップが可能なのか、例を書いてみます。

  1. 最初はテキストベースでデータベースを管理します。
    (NySQL、PostgreSQL ならお金がかかりません)
    CSV ファイルを読み込んで Excel とのやりとりをしてもいいでしょう。
    Windows に Linux 環境を導入して、cut、paste  で大量の SQL文を作ったりも出来ます。
    ただ、コマンドを使える人しかデータベースを操作できないという問題があります。(GUIで管理するツールはあります)
    それを解決するのを、次の段階の目標とすれば良いでしょう。
  2. テキストベースのコマンドをプログラム言語で作り、GUI から誰でも操作できるようにします。
    そうすれば誰でも操作できます。
    ネットワーク経由でデータベースにアクセス出来るようにすれば、さらに便利になります。
    セキュリティを学ぶ必要がありますが、グローバルIPがあれば、どこからでもアクセス出来ます。
    プログラム言語は Python(将来は AI を学びたい人向け) とか Ruby(Ruby on Rails 学びたい人向け) がおススメ。
    GUI は wxWidgets がおススメです。理由は、 Linux, Windows, MacOS に対応したオープンソースの GUI ツールキットだからです。
  3. Linux サーバを立て、Web サービスとして実行出来るようにする。
    それにはいろんな知識が必要になります。

もちろん、これだけが正解ということはありません。

途中から、別の道へ進むのもありでしょう。

しかし、データベースから学び初め、実用になるアプリを作り続ければ、挫折せずに学び続けることができるのではないでしょうか。

まとめ

挫折しないで学び続ける方法を考えてみました。 

  • なぜ、プログラミング独学は挫折するのか。

    いきなり高度なプログラムを作ることは難しいから。

  • 自分にあった適切な課題を見つけてプログラムで解決する。それが出来たらレベルアップ。その繰り返しが出来れば挫折しない。
  • それを実現するため、私はデータベースから学習を始めることを提案する。

  •  データベースから学べば、いきなり仕事に使え達成感がある。

  • テキストベースからGUI、ネットワーク、Webアプリとスキルアップが可能です。

いかがでしょうか。

データベースからプログラミングを独学してみませんか?