シロッコ手習鑑

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロッコ手習鑑

高卒シニアなのに臨床心理士になりたいと思い立って放送大学生になりました。

放送授業をiPhoneアプリで視聴したらかなり良かった(放送大学)

目次

f:id:sirocco:20170404032637p:plain

放送授業を専用アプリで視聴できるようになった

放送大学のサイトに放送授業のインターネット配信が変わるという案内がありました。

動画がFlash Playerでの再生に変更になり、Mac OS,Chrome OSで視聴できるようになり、iOS携帯端末(iPhone・iPad)、Android携帯端末(スマートフォン・タブレット)で視聴できるようになりました。

スマートフォン・タブレット向けのアプリケーションを無償提供します。

視聴には専用アプリケーション「ネット配信」のインストールが必須です。Google Play、またはApp Store から無料ダウンロードすることができます。課金されることはありません。
ただし、接続の際の通信費やプロバイダ代金などは利用者ご負担となりますので、ご注意ください。

 (「放送授業のインターネット配信が変わります!」より)

新しもの好きの私、早速インストールしてみました。

「ネット配信」を使ってみる

アプリの名前は「ネット配信」と言うようです。

App Store から検索してダウンロードしてみます。「放送大学」でも出てきます。

f:id:sirocco:20170404032253p:plain

ログイン画面

ログインは「在学生」と「一般」に分かれます。

在学生はIDとパスワードの入力が求められますが、一般の方にはそれがありません。

学生IDは10桁の数字で、こんなもの一生記憶することは出来ないだろうと思っていたのですが、動画視聴や科目の登録、通信指導の提出、単位認定試験の結果を見るためにログインしているうちに、何も見ないで入力出来るようになりました。

人間の記憶の仕組みは素晴らしい!

 

f:id:sirocco:20170404032313p:plain

オープンコースウェア(OCW)

「一般の方」を選択すると、「テレビ」、「ラジオ」の選択画面になります。

「テレビ」の放送授業は、新聞の番組案内でも紹介されていますし、チャンネルを回しているうちに偶然見たりしてご存じかと思いますが、「ラジオ」でも放送しています。

「テレビ」を選択するとこの画面になります。

「OCW」の科目は全15回視聴でき、その他は1回目の放送だけ視聴できます。

「OCW」はオープンコースウェア。一般の方でも視聴できます。

OCWとは「大学で正規に提供された講義とその関連情報のインターネットでの無償公開活動」だそうです。*1

f:id:sirocco:20170404032427p:plain

OCWのメニューはこんな感じ。

f:id:sirocco:20170404032511p:plain

現在履修中の「心理学概論」の画面

f:id:sirocco:20170404032612p:plain

「日本語アカデミックライティング」を聞いてみた

ラジオ科目の「 日本語アカデミックライティング('17)」を聞いてみました。

なかなか快適です。

f:id:sirocco:20160906170736j:plain

今までは、自宅のデスクトップPCで動画を再生するか、放送大学図書館のAVブースでDVD、CDを視聴していましたが、マッサージチェアに座ってリラックスしてというか、集中して聞くことが出来ました。

調子に乗って、最初から4回目の「タイトルまで」を聞いてしまいました。

そんなに簡単に終わってはもったいないので、テキストを1章からじっくり読んで、ラジオの番組に追いついたら、先に進みたいと考えています。

放送大学はいつ、どこで学習しても良いというシステムは大好き。夜は8時過ぎには寝ます。3時ころには起きてPCに向かう。そんなやり方が私は合っています。

こちらもオススメ

sirocco.hatenablog.com

sirocco.hatenablog.com

sirocco.hatenablog.com