シロッコ手習鑑

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロッコ手習鑑

高卒シニアなのに臨床心理士になりたいと思い立って放送大学生になりました。

家庭菜園の連作障害をプロの農家に教わって解決した話

目次

f:id:sirocco:20120804072646j:plain

家庭菜園が連作障害になって困った

今の家に入居した年から、庭の隅っこにある一坪にも満たない家庭菜園に野菜を栽培しています。最初の年はナス、トマトなどの実がしっかりなりました。ここの宅地はもともと畑でしたから土が良かったのでしょう。

ところが、 次の年になると野菜は以前のような元気がありません。特にナスは苗の勢いがなくて駄目でした。連作障害のようです。毎年、同じ場所に同じ作物を繰り返して栽培することを連作といいます。そうすると、土の中の養分がアンバランスになって、野菜の生育が悪くなるのです。

結論から言うと、家の前にある畑で野菜を栽培しているプロの農家に「牛ふん堆肥」をいただいて解決しました。これをたっぷり使えば連作障害にならないのです。

連作障害にはどう対処すればよいのか

私は農家の息子なんだけれども農業技術については全く無知です。小さいときから農作業の手伝いをさせられたのですが、嫌々ながらの手伝いです。あれをしないさい、これをこうしなさいと指示されたことをやるだけですから、農業技術など身につくはずもなかったのです。

家庭菜園には肥料として毎年次のようなものを入れてました。

しかし、連作障害になってしまいました。

どのくらい間隔をあければいいのか

まず単純に考えて、連作というくらいなのですから、間をあければいいんだろうと考えて調べてみました。ところが、調べた休栽期間を守るとすると、私の好きなナスは7年に一回しか栽培できなくなってしまいます。

7年以上休栽……エンドウ、ナス、スイカ
5~6年休栽……ゴボウ、トマト、ピーマン、サトウダイコン
3~4年休栽……ダイズ、シロウリ、ナガイモ、サトイモ
2年以上休栽……キュウリ、ジャガイモ、インゲン
 (「水耕栽培ナビ/連作障害の出やすい野菜を把握しておく」より)

これでは話になりません。もっと良い方法はないものかと調べてみます。

接ぎ木苗なら連作に強い。

そう母から聞いてましたのでなるべく接ぎ木苗を使いました。接ぎ木苗とは、丈夫で生命力の強いカボチャの苗を切って、同じウリ科のキュウリの苗をつなぎます。そうすると病気になりにくくて強いキュウリになる、そういう原理です。

しかし、イマイチ苗は元気にはなりませんでした。植える場所をナスとキュウリを入れ替えてみたりもしました。けれども、それほど効果はありません。ナスは7年以上も休んだほうが良いというのですから無理もないのです。

家の前にある畑の主は農業の名人

家の前に四方を住宅に囲まれた畑があります。そこの畑には、キャベツ、ネギを交互に栽培するのですが、その見事な成長ぶりにはいつも感心させられます。

駅までなるべく歩いて行くのですが、毎日、同じ道では飽きてしまいますから、わざと畑のある道路を通ったりします。そこで見かける野菜は、家の前にある畑の野菜と比べると貧弱で見劣りします。家の前にある畑の主は農業の名人なのです。

何が違うのかと考えました。

  • さすがだなと気がついたのは畑を休ませることです。
  • 作付けの間にトウモロコシのような飼料を栽培し、成長するとトラクターで踏みつぶします
  • それと、たっぷりの牛ふんの入った堆肥を入れることです。

畑の主からのプレゼント「牛ふん堆肥」

畑を耕作している農家の方からよくキャベツ、ネギ、ソラマメなどを頂きます。

農家の方が畑の野菜を消毒を始めると義母が洗濯物を取り込んだり、窓を締めたりします。農家の方は迷惑かけて申しわけないと野菜を持ってくるのです。

ウチでも頂いてばかりでは申し訳ありません。旅行に行ったときのお土産やホームベーカリーで焼いたパンなどを差し上げていました。そうすると、またたっぷりと野菜を頂くのです。

ある年、かなりの量の牛ふん堆肥をいただきました。そうしましたら、その年の野菜の元気のいいこと、元気のいいこと。前年と同じ野菜の苗を植えたとは思えませんでした。

牛ふん堆肥をいただいたのはこの年だけでしたが、翌年はホームセンターから牛ふんを購入し、たっぷり入れました。

バッチリ! 連作障害知らずです。

それからは野菜を植える前には牛ふんをたっぷり入れることにしています。毎年おどろくほど形のいい美味しい野菜がたっぷり採れます。

 

ただ、検索してみると、海外から輸入した牧草を食べた牛の牛ふんにはクロピラリドという除草剤成分が残っていて野菜が生育異常になるという情報もあります。

ウチではいまのところ問題になったことはありません。

 

アマゾンでも牛ふん堆肥を売っていてびっくり。苗を買いにホームセンターに行きますからアマゾンから買うまでもありません。250円くらいなのに送料が高いです。  

完熟牛ふん堆肥【有機エース】20L/3袋セット

完熟牛ふん堆肥【有機エース】20L/3袋セット

 

家庭菜園の野菜たち

【トマト】デルモンテなど美味しそうな写真のついているのを買ってきます。苗を植えるとよく強い風が吹きます。強い風が吹きやすい時期なのか、ふだんは気にしていないのに苗を植えたから気になるのか。

f:id:sirocco:20160421040855j:plain

 【きゅうりの花】

f:id:sirocco:20160421040816j:plain

 【トマトが成り始めた】

f:id:sirocco:20150529074042j:plain

 【ナス・キュウリの収穫】ナスも大量に収穫するときがあります。私は長ナスでなくて普通のナスが好きなのですが、義母の希望で。

f:id:sirocco:20160421040759j:plain

【去年はこんなトマトを作りました】 

f:id:sirocco:20160421040754j:plain

【ぬか漬け】まだよく漬かっていないくらいのがおいしいですね。

f:id:sirocco:20160421040751j:plain

【秋にはチンゲン菜】チンゲン菜は炒めて食べても、鍋にいれてもおいしく食べられます。春になるとトウが立って菜の花が咲きます。それも食べられます。

最近は寒いのか、春までもたないで枯れてしまうことが多くなりました・・・Orz

f:id:sirocco:20160421040851j:plain

まとめ

そろそろ家庭菜園に野菜の苗を植える時期。今の家に住み始めてから、毎年休みなく野菜をつくっていますが、連作障害でよく育たないことがありました。

それが解決できたは、家の前にある畑で野菜を栽培している農家の人から大量の牛ふん堆肥をいただいたことです。

その年は大豊作。それ以来、毎年牛ふん堆肥を入れて豊作続きです。

義母は私が、うどんを打ったり、蕎麦を打ったりすると、「美味しい、美味しい」といい何でも誉め上手です。野菜が豊作だと大喜びしまう。そんな義母がいるから、今年も野菜を栽培するのです。

こちらもオススメ 

sirocco.hatenablog.com

sirocco.hatenablog.com